文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

【子どもを守る】親の思い(3)生きているだけで満点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

元NHKダンスのおねえさん いとうまゆさん

【子どもを守る】親の思い(3)生きているだけで満点

長女と一緒に遊ぶいとうまゆさん(東京都港区で)=高橋美帆撮影

 「今日からずっとお母さんなんだ」

 2015年9月、ダンスインストラクターのいとうまゆさん(37)は、予定より約2か月早く生まれた娘の姿に胸がいっぱいになった。身長38・5センチ、体重1511グラム。小さいけれどしっかりした顔立ち。新生児集中治療室(NICU)の看護師に促され、夫(29)と交代で保育器の窓から手を入れ、そっと体をなでた。

 翌日から、搾った母乳を持ってNICUに通った。妊娠中に歌っていた童謡を小さな声で口ずさむと、体をびくっと動かした。通じ合えた喜びをかみしめた。

 幸い経過は順調で、1週間で点滴が外れた。2週間たつと心拍や呼吸も安定し、初めて抱っこができた。

 面会のたび、看護師が「保育器で大暴れしていましたよ」などと教えてくれ、「元気でいてくれてありがとう」と娘に感謝した。

 つらい時もあった。ある日、NICUに大きな泣き声が響き渡っていた。娘を医師や看護師が囲み、早産児に注意が必要な目の病気の検査をしていた。大勢で体を押さえ、器具で目を開き、眼底を調べる。

 思わず目をそむけた。「痛いよね。小さく産んでごめんね」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事