文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

老人ホーム、944人が事故死…国に報告1割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
老人ホーム、944人が事故死…国に報告1割

 全国の有料老人ホームから2016年度、自治体に報告された誤飲や転倒など事故による入居者の死者数が944人に上ることが読売新聞の調査でわかった。国は全国集計をしておらず、自治体から国への死亡事故の報告は約1割にとどまっている。再発防止に向けた情報共有が徹底されていないことも浮き彫りになっており、厚生労働省は実態把握に乗り出す考えだ。

 有料老人ホームでの事故について、読売新聞は17年11~12月、指導監督権を持つ都道府県と政令市、中核市に対する調査を実施。全115自治体から回答(一部項目の無回答を含む)を得た。対象施設は約1万8000施設で、老人福祉法で有料老人ホームに該当するサービス付き高齢者向け住宅も含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事