文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

米の「ネコインフルエンザ」人にも感染の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 米ニューヨークで2016~17年の冬に約500匹の猫が感染した「ネコインフルエンザウイルス」は、人や他の動物にも感染する可能性があることがわかったと、東京大医科学研究所の河岡義裕教授が発表した。論文が米国の科学誌に掲載された。

 河岡教授のグループがこのウイルスを分析した結果、低病原性の鳥インフルエンザ(H7N2)由来のものだった。感染しても目立った症状は出ないが、猫の間で接触・ 飛沫ひまつ 感染することが判明した。

 実験では哺乳類のマウスやフェレットも感染が確認され、ウイルスが鼻などで増えることがわかった。米国では猫を治療した獣医師1人の感染も報告されている。

 大槻公一・京都産業大鳥インフルエンザ研究センター長の話「鳥インフルエンザが猫から人に感染する可能性があることを示した成果だ。猫を介した感染にも警戒する必要がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事