文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

翁とてくてく東海道

コラム

空気の澄んだ冬に富士山を見て歩き、春を待ち箱根の山登り(6)三島宿~原宿、箱根湯本~箱根宿の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 翁(おきな)2人と日本橋を出発したのは、2016年5月。早くも2回目の年の瀬を迎えた。17年秋は週末の台風で3度も中止の憂き目に遭い、月1で歩き継ぐことができなかった。幸い2人は元気。18年も無理せず道中の史跡や味を楽しみながら、東海道を西へと歩き続けたい。今回の旅は、三島宿~原宿と箱根湯本~箱根宿。空気の澄んだ冬に富士を眺めたいので先に三島~原を歩き、春を待って積み残した箱根の山登りに挑んだ。…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tokaido_kao

丸山 謙一(まるやま・けんいち)
1966年横浜市生まれ。読売新聞東京本社の社会部デスク、盛岡支局長、医療ネットワーク事務局長、教育部長などを経て現在、論説委員。歴史探訪とご当地グルメを楽しんでいる。道楽で街道ウォークをやっていて、親父たちと一緒に毎月1回、休日に歩き継いでいる。毎回10キロ、2万歩が目標。

翁とてくてく東海道の一覧を見る

最新記事