文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

群大が手術死再発防止策、遺族の要望受け入れ「患者説明」録音へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 同じ医師の手術後に患者の死亡が相次ぎ問題となった群馬大学病院が、再発防止策の一環で、患者へのインフォームド・コンセント(IC=説明と同意)の内容を録音する取り組みを始める。

 遺族側の要望に応えたもので、同病院は来年1月21、22日、遺族への説明会を開き、正式に謝罪して改革状況を報告する。

 この問題では、第三者の調査委員会が、医師の説明や記録が不十分と指摘した。遺族会は11月、ICの録音や手術の録画など、改善策を申し入れた。それに対し、病院側が文書で回答した。

 ICの録音は、患者が自ら行うケースは多いが、同病院は、病院側がレコーダーを用意し、患者の同意のもとで録音、音声を保存することを標準化する。

 手術の録画は、すでに難しい手術について行われているが、今後、対象を拡大する。将来的には、録音・録画したデータを電子カルテに保存できるようシステムを改める。

 来年度から、遺族も参加し、市民向けの講演会などを行う「患者安全の日」を設けることも計画している。

 手術の死亡率など治療成績については、病院のデータを患者に開示し、今後、病院のサイトで公開する。各医師の治療成績開示については明示しなかった。

 遺族会の木村豊代表は「改善の取り組みは評価できる。病院内の改革にとどまらず、医療安全を社会的に広めていくことにも力を入れてほしい」と話す。調査委員も務めた「医療情報の公開・開示を求める市民の会」の勝村久司代表世話人は「ICの録音で記録の精度は上がり、医療側の手間も省ける。これを機に、ICは単に同意を取る場ではなく、医師が選択肢を示して患者と一緒に検討する機会だと再認識することが大切だ」と指摘している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事