文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[女優 久住小春さん](下)モー娘。からもらったのは「度胸」 25歳から大人になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「できたら奇跡」と言われたダンス 今は楽しみ

20171225-kusumi4-500

――ストレスの解消法はありますか。

 友だちとご飯を食べに行ったり、おしゃべりしたり、ですかね。常に誰かと話すか、LINEをしています。そんなに友だちは多くないんですけど、それが一番の息抜きです。

 それと、楽しみにしているのが、週1回教室に通っているダンス。中学時代から続けています。最初は仕事で必要だからと始めましたが、ほんとに下手だったんです。家族には「踊れるようになったら、奇跡だよね」と言われていたくらいです。自分でも、絶対ムリだ、と思っていました。

 それが、長く続けるうちに踊れるようになりました。できるようになったら、楽しくなってくるんですね。

――2月には舞台に出演されます。野球部の女性監督役だそうですね。

 そうなんです。でも、野球は兄がしているのを見たことがあるくらいで、あまり知りません。監督なので、投げるシーンや打つシーンもあると思うんです。それも左利きの役。もうすぐ稽古に入るんですけど、みっともなくないように、がんばります。

 それに、野球部だから同年代の役者さんたちがたくさん集まります。どうなるんでしょう。わいわいと、本当に部活みたいになりそうで、それも楽しみです。

「大人」との対話 成長の糧に

――モーニング娘。を卒業して8年がたちました。これから20代後半に入ります。どういう自分になっていきたいと思っていますか。

 モーニング娘。時代を振り返ると、忙しくて大変でしたけど、普通の学生とは違う刺激的な経験をさせてもらったと思います。なかでも、一番身についたのは、何といっても「度胸」ですかね(笑)。

 以前は、大人の人と話すことがあまりなかった。緊張して話せなくなっていたんです。でも、25歳になって、これからはたくさんの大人とコミュニケーションをとっていきたいと思います。先輩の知識や経験を聞いて、人間として自分の中身を豊かにしたい。女優としても、いろいろな役ができるようになっていきたいです。そうして成長していきたいと思っています。

20171225-kusumi4-500-thum

くすみ・こはる
 1992年、新潟県生まれ。小学校6年生のとき、アイドルグループ「モーニング娘。」のオーディションに合格し、2005年に第7期生として参加。06年から、アニメ「きらりん☆レボリューション」の主人公「月島きらり」の声優も務め、人気を集めた。09年にモーニング娘。を卒業。その後は、ファッション誌「CanCam」の専属モデル、女優として活躍。18年2月には、舞台「おおきく振りかぶって」(東京・サンシャイン劇場、2月2~12日)に出演する。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事