文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

精神科医・内田直樹の往診カルテ

コラム

精神科患者の家族の高齢化を支える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大学病院に勤めていた頃、高齢の親に付き添われて長年来院する統合失調症の患者さんを何人も診ていました。親御さんの陰に隠れるように、最低限の言葉を返すばかりの患者さんたち。10年後、15年後、この患者さんたちの生活はどうなるのだろう、と重苦しい気持ちにもなっていました。今回は、この患者さんたちの遠くない将来を垣間見ることになった話です。

父親がアルツハイマー病となり、子どもが精神科に行けなくなった

 在宅の精神科医となって出会ったAさん(81)には、20代前半から統合失調症を患っている息子さん(55)がいます。

 息子さんの通院には、ずっとAさんご夫婦が付き添っていました。20年前に奥さんが他界してからは、Aさんが1人で連れてきていましたが、1年ほど前から、徐々に受診間隔が空いてきました。心配した外来看護師が電話をすると、息子さんが1人で来たりもしましたが、それも途絶えたそうです。

 このお二人にかかわるようになったきっかけは、近所の店員さんが地域包括支援センターに相談したことでした。

20180104-uchida1

 「昔から毎日買い物に来るAさんの様子がおかしい。いつまでも店内をうろうろして、話しかけても要領を得ない。1日に何度も同じものを買いに来たり、財布がないことに気づいて家に取りに帰ると、そのまま戻ってこなかったりする」

 センターの職員がAさん宅を訪ねると、足の踏み場もないほど物が散乱し、床は湿ってカビが生え、ゴミの悪臭が漂っていました。

 Aさんは高校の数学の教師でした。定年退職後も教え子たちが訪ねてくるなど、誰からも慕われていたようです。奥さん亡き後も、息子さんと一緒に散歩をしたり、スーパーに買い物にでかけたりしていました。ところがあるときを境に、息子さんに付き添って病院に来ることも、近所の寄り合いに顔を出すこともなくなり、自身の高血圧のための通院もしなくなりました。

 センターからの診察依頼を受けてAさん宅を訪ねると、拒絶する様子もなく迎え入れられましたが、体調などを尋ねても、「何ともない」の一点張りです。検査をすると、軽い栄養障害程度。ほかの血液検査や神経には異常は認められません。ただ、認知機能障害が進行しており、中等度のアルツハイマー型認知症と考えられました。

親子で気遣い合っていたことで・・・・・・

 当初、息子さんは姿を見せませんでした。Aさんに尋ねると、「電波で攻撃されている」などと (おび) えて、外に出なくなっているとのこと。必要な薬も飲んでいないようでした。

 私は別室にいる息子さんにも聞こえるように、耳の遠いAさんに向かって話し続けました。

 「Aさんと息子さんが、安心して一緒にご自宅で生活できるようにサポートさせてください。定期的に診察に来ますし、息子さんに必要な薬もお出しできます」

 3回目の診察の日、部屋から出てきた息子さんに、あいさつをされました。しばらくはただ所在なげに座っていましたが、時間をかけて話をするうちに、「薬をやめたことで調子が悪くなり、父親に心配をかけている」「父親に負担をかけたくない」などといった気持ちを聞けました。

 その日から、息子さんは再び統合失調症の薬を飲み始めました。約1年ぶりでした。

 介護保険の申請を行い、Aさんが「要介護1」と認定されたことで、ケアマネジャーが付きました。少し表情が和らいできた息子さんを交えて、Aさんとケアプランを話し合いました。

 ところが、Aさんにデイサービスに通うことを勧めても、「何ともないから行かんでいい」とかたくなに拒否。ならばと、訪問家事サポートを提案すると、今度は息子さんに「しょっちゅう人が来るのは負担だ」と拒否されました。

 訪問診療を続けるうち、息子さんが、「父がデイサービスに行きたがらないのは、自分を長時間1人にするのが心配だからかもしれない」と言っている、とケアマネジャーから聞かされました。一方で、Aさんも「精神科デイケアに通っていた頃の息子が、一番いい状態だった」と言っていたとのこと。

20180104-uchida2

 そこで、診察の際に息子さんにもう少し聞いてみると、親の老いを日々目の当たりにする「不安と焦り」を感じたり、「親の負担を減らすために自分ができることはないか」などと悩んだりしていることがわかりました。一方で、Aさんは1人で外出する時はできる限り早く帰宅するなど、長年にわたって息子さんを気遣ってきたこともわかりました。

 お二人とも、互いを気遣い合った結果、動きが取れなくなっていたのです。

 何度かの話し合いを経て、息子さんはかかりつけの病院と精神科デイケアに再び通い始めました。息子さんの状態が安定したころ、改めてAさんにデイサービスを勧めると、「行ってみようかな」と、気持ちが動いたようでした。

 Aさん宅に伺うようになって、2年近く () ちます。今、息子さんは週に4回精神科のデイケアに通っていて、この4日のうちAさんには2日訪問介護が入り、2日デイサービスに通っています。

 長年息子さんを支えていた父親が加齢に伴い認知症となり、息子さんは通院が途絶えて状態が悪化し、親子が共倒れになりかけていました。訪問診療を行い必要な医療とケアを提供することで家庭内の安定を再構築することができました。

 従来の通院型医療では行き届かないところでも、訪問診療ならサポートできる。高齢化が進み、精神科医の介入を在宅で必要とする方が増えていくことを確信した経験となりました。(内田直樹 精神科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

uchida-200

内田直樹(うちだ・なおき)

医療法人すずらん会たろうクリニック(福岡県福岡市東区)院長、精神科医、医学博士。1978年長崎県南島原市生まれ。2003年琉球大学医学部医学科卒業。福岡大学病院、福岡県立太宰府病院を経て、10年より福岡大医学部精神医学教室講師。福岡大病院で医局長、外来医長を務めた後、15年より現職。日本精神神経学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医、NPO法人日本若手精神科医の会元理事長。在宅医療の普及を目指して「在宅医療ナビ」のサイト運営も行っている。

精神科医・内田直樹の往診カルテの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

素晴らしいと思います。

たま

クローズアップ現代で福岡の精神科訪問のチームを取り上げられていて、検索してこちらのブログにきました。テレビの音だけ聞いていたので違う団体であった...

クローズアップ現代で福岡の精神科訪問のチームを取り上げられていて、検索してこちらのブログにきました。テレビの音だけ聞いていたので違う団体であったらスミマセン。
精神科にも訪問診療があるのだということを知らなかったです。
ブログを読ませていただいたら、精神科領域においても在宅での診療の力の大きさを感じました。
私は医療従事者ではありませんが、素晴らしい取り組みだと感じました。もっと増えていくといいだろうなぁと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事