文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

尿検査で肺がんなど判定も…物質特定の技術、名大グループが開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 1ミリ・リットルの尿から肺がんなど5種類のがんが出す物質を特定する技術を開発したと、名古屋大学の馬場嘉信教授(分析化学)らの研究グループが発表した。

 将来、尿を調べるだけでがんが判定できるようになる可能性があるという。

 がん細胞は、遺伝子の働きを調整する「マイクロRNA」という微小物質を分泌している。この物質は脂質の袋に包まれた状態で、血液や尿に存在するが、尿中には量が少ないため効率よく捕まえられなかった。

 グループは、数十~100ナノ・メートル(ナノは10億分の1)と微細な金属製の「ナノワイヤ」を使用。ナノワイヤとマイクロRNAが入った袋がくっつきやすい性質を利用し、99%以上引き寄せることができた。1ミリ・リットルの尿からは1000種類以上のマイクロRNAが見つかった。

 この方法でとらえたがん患者の尿中のマイクロRNAを分析したところ、肺、 膵臓すいぞう 、肝臓、 膀胱ぼうこう 、前立腺の各がん患者で、健康な人に比べ特定のマイクロRNAの量に大きな差があった。

 マイクロRNAによるがん検査では、国立がん研究センターなどが、血液から13種類のがんを早期発見する臨床研究を行っている。

 馬場教授は「がん以外にも糖尿病、アルツハイマー病などを特定できる可能性もある。10年後をめどに実用化を目指したい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事