文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

コラム

手術後は段階的にリハビリを -前十字靭帯損傷-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 どうも、大関です。以前、成長期に多い膝の痛みとして紹介した オスグッド病 は、徐々に痛みが出てくるスポーツ障害でしたが、今回は、一度の外力で受傷するスポーツ外傷として典型的な前十字 靭帯(じんたい) 損傷の話をさせていただきます。

 高校生バスケットボール選手のケースです。

 高校1年生のEさん。小学生の時からミニバスケットボールに親しみ、ドリブルやレイアップシュートが得意です。1か月前、ジャンプの着地の際に右膝が内側に入るような形でひねり、プレーが続けられなくなりました。歩くのもやっとで、近くの整形外科を受診。前十字靭帯損傷が疑われるため、MRI検査が必要と言われました。

手術後は段階的にリハビリを -前十字靭帯損傷-

 前十字靭帯は、 大腿(だいたい) 骨と (けい)(こつ) をつなぐ膝の安定性に極めて重要な靭帯です。前十字靭帯損傷は、直接膝をぶつけて起きるより、その多くはジャンプの着地や動く方向を変えるカット動作時に膝をひねり、他人と接触することなく受傷します。バスケットボール、ハンドボール、バレーボール、バドミントン、サッカーやラグビーなど多くのスポーツで起き、成長期に限らず、成人にも発生します。

 けがをした直後は、痛みのため歩行困難になることが多く、靭帯からの出血により膝は腫れます。MRI検査は必須で、靭帯損傷のみでなく、半月板や軟骨の状態についても調べます。前十字靭帯が損傷すると、脛骨が前方や回旋する方向に不安定な状態となり、自然治癒は期待できません。その機能を筋力トレーニングなどのリハビリだけで補うことも難しいため、ジャンプやカット動作を伴うスポーツのパフォーマンスを元に戻すには、手術が必要です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

Ozeki-7-pro

大関信武(おおぜき のぶたけ)

整形外科医・博士(医学)
一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。
2002年滋賀医科大学を卒業。2014年横浜市立大学大学院修了。横浜市立大学付属病院、横浜南共済病院、関東学院大学ラグビー部チームドクター、英国アバディーン大学研究員などを経て、2015年より東京医科歯科大学再生医療研究センター所属。現在、東京医科歯科大学付属病院スポーツ医学診療センター、八王子スポーツ整形外科などで診療。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、足関節靱帯損傷、骨折(鼻骨、手首、下腿)など自身が豊富なケガの経験を持つ。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、2015年12月一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

女子の解剖及び文化特性と障害予防

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

サッカードクターセミナーでも、「Knee in」はよく話題になります。 特に、女子は発生学的、あるいは解剖学的に内股=X脚の傾向があり、そこに、...

サッカードクターセミナーでも、「Knee in」はよく話題になります。
特に、女子は発生学的、あるいは解剖学的に内股=X脚の傾向があり、そこに、日本の恥の文化やハイヒール文化、サイズの小さな靴に足を押し込む文化が重なって、ベースの部分の運動機能として問題を抱え、怪我が多発します。
女子は生物学的に、出産のために、下腿に比べて骨盤が大きいという性質も絡んでいます。

大怪我する前に、予防としての靴選び、姿勢作り、スクワットや全身バランスのトレーニングも推進されればと思います。

男の子も女の子も、怪我する前に勉強して大怪我せずに済んでくれる子が多い方が良いと思いますし、その方がより多くの子供がスポーツを楽しんでくれて健全な教育環境が推進されると思います。

そして、そのような意見が、スポーツ指導者の意見の多数派になるようにしないといけないと思います。

プロやセミプロのギリギリの世界とその手前で指導方法は明確に異なるべきです。
暴力と体罰の違いと同じように線引きが大事な問題です。
競合ベルギーでは、少年サッカーの順位表の張り出しを禁止したそうです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事