文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

安心の設計

介護・シニア

高齢者支援、民間も活用…銭湯へ巡回バス、市が後押し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
高齢者支援、民間も活用…銭湯へ巡回バス、市が後押し

スーパー銭湯「楽の湯みどり」の無料巡回バスに乗り込む高齢者(豊明市内で)

 高齢者の生活を地域でどう支えていくかは、多くの自治体にとって大きな課題だ。愛知県 豊明とよあけ 市は昨年から、介護保険サービスとは別に、民間事業者が提供するサービスを活用し、お年寄りの居場所作りなどを積極的に進め、注目を集めている。現場を訪れ、取り組みの内容と背景を探った。

  ■1日3便

id=20171215-027-OYTEI50008,rev=5,headline=false,link=false,float=right,lineFeed=true

 「市内から銭湯まで無料の巡回バスが1日3便あります」――。豊明市の職員は昨年から、地域で年100回以上行う介護予防などの講座を利用し、こんなふうにして、名古屋市緑区のスーパー銭湯「楽の湯みどり」の利用を呼びかけている。場所や施設の概要が示されたチラシを配布するだけでなく、バスの停留所や時刻表などの情報提供もしている。

 豊明市は、事業者にもバス経路の変更や延長など、高齢者の要望を提案して実現させた。バスの利用客は以前の倍以上に増えた。事業者は、お年寄り向けの体操教室の定期的な開催も検討している。

 銭湯の利用を市が後押しすることについて、市高齢者福祉課の松本小牧さんは、「銭湯には浴場と食堂があり、休憩スペースもある。入浴、食事、レクリエーションがある介護保険のデイサービスのように、高齢者の居場所になれる」と狙いを話す。

id=20171215-027-OYTEI50009,rev=5,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

  ■無料宅配サービス

 市は、市内の生協「コープあいち とよあけ店」とも連携し、商品の無料宅配サービスを実現させている。65歳以上の登録者を対象に、店舗を訪れて購入した全商品を無料で即日配送(月~金曜日)するサービスで、2016年4月にスタートした。

 無料宅配サービスは以前からあったが、生鮮食品は対象外。頻度も週1~2日だったが、市が交渉して「全商品・即日配送」を実現させた。利用者の女性(85)は「健康にいいので、歩いて買いに来たいけど、ペットボトルなどが重くて大変だったので、助かります」と話す。

 市は、スーパー銭湯と生協を含めた9事業者と取り組み推進の協定を結んだ。今後も増やす予定だ。

介護保険と組み合わせる

 

id=20171215-027-OYTEI50010,rev=5,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

 市が、民間サービスを積極的に活用する背景には、二つの問題意識がある。

 一つは、「介護保険サービスだけでは、自立に向けた効果が限られてしまうのではないか」という懸念だ。市が、介護の必要度が最も低い「要支援1」の人について、利用から1年後の体調変化を調査したところ、6割弱はより手厚い介護が必要になっていた。

 市高齢者福祉課は、「多くがデイサービスやヘルパーといった保険サービスを利用していたが、効果に疑問を抱かざるを得なかった。様々な支援を組み合わせて支えるべきだと考えた」という。

 もう一つは、財源だ。お年寄りの中でも、特に高齢とされる75歳以上では、介護サービスのニーズが格段に高まる。25年の75歳以上人口は16年より約4割増え、25年度の介護保険給付は59億円と、16年度の約1.6倍に膨らむ見通しだ。限りある財源や人材を有効活用するには、介護の必要度の低い人には民間サービスの活用を含めて支えることも必要と考えた、という。

 同課は、「行政が特定の企業サービスを推進することは癒着になりかねないとして、二の足を踏む自治体は少なくない。ただ、豊明市は、介護保険サービスに利用者を当てはめがちだった高齢者支援を見直し、地域の事業者とともに生み出すため、一歩踏み出した」と話す。同市の取り組みは注目され始めており、国や地方議会などの視察も相次いでいる。

 介護保険を巡っては、高齢化に伴い、保険財政の悪化だけでなく、「サービスの利用が必ずしも自立支援につながっていない」という指摘も根強い。市の取り組みは始まってからまだ1年。その効果はまだ分からないが、公的保険と民間サービスをうまく活用して高齢者の生活を支えようという取り組みは、ほかの自治体の参考になりそうだ。

 (板垣茂良)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

安心の設計の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事