文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

ロボットの手で創薬支援…研究者の動きを再現、期間短縮・コスト減を期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ロボットの手で創薬支援…研究者の動きを再現、期間短縮・コスト減を期待

 研究者らの手の動きを再現できる人型ロボットを使って、人手が少ない大学の創薬研究を支援する事業を、日本医療研究開発機構(東京)などが始めた。

 膨大な種類の新薬候補の効果を試す工程に要する時間を、従来の半分程度に短縮できる可能性がある。コスト減によって医療費の抑制にもつながると期待される。

 創薬研究では、病気の原因になる細胞などに様々な種類の新薬候補となる物質をふりかけて効果を試す。その際、細胞を一定量ずつ小分けにしたり、細胞の培養液を交換したりする工程は全て手作業で行われてきた。こうした手間が、製薬会社に比べてマンパワーが少ない大学で新薬開発が進みにくい一因になっていた。

 支援事業で使うのは、慶応大が2機保有する人型ロボット「まほろ」。人間と同じように2本の腕を持ち、スポイトのような器具などを使って細胞の小分けを含む細かい作業を正確に代行する。

 機構は、支援を希望する大学を募って実験用の細胞を預かり、ロボットを使って新薬候補を探る作業を慶大に委託する。

 慶大の試算では、1500種類の新薬候補を試す場合、人の手では1、2か月かかる工程が、2週間程度で済む。大学が新薬候補を絞り込んで製薬企業に示すことで、1000億円以上かかることもある新薬の開発費を抑制できるという。

 今年度の支援対象は、筋肉や神経の難病を研究する関東の大学。機構は、この大学から実験用の細胞を預かり、慶大に委託。6日に作業を開始した。来年度以降、年間で最大5件程度の創薬研究の支援を目指す。

 機構の岡田正路・創薬コーディネーターは「大学は、採算が見込めないため製薬企業が二の足を踏む希少難病の創薬にも取り組んでおり、ロボットが役立つはずだ」と話している。

          ◇

【まほろ】  産業技術総合研究所と産業用ロボットメーカーが開発した人型ロボット。2本の腕で実験用の器具や装置を熟練の研究者並みの技量で扱う。神戸市の眼科専門施設「神戸アイセンター」でも導入される予定で、治療に使うiPS細胞(人工多能性幹細胞)の増殖作業を担う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事