文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPSで「ミニ肝臓」、大量作製が可能に…横浜市大など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、肝臓の働きをする 肝芽かんが を大量に製造する方法を開発したと、横浜市立大学などの研究チームが発表した。

 肝機能に異常がある患者に、血管から「ミニ肝臓」として肝芽を移植する治療法につながる可能性があるという。米科学誌電子版に掲載された。

 同大の谷口英樹教授(臓器再生医学)らのチームは、肝芽の作製に成功していたが、iPS細胞以外に、血管の元になる細胞なども加える必要があった。

 今回は、肝芽を構成する3種類の細胞をiPS細胞のみで作り、立体的なミニ肝臓の形にすることに成功した。直径を従来の10分の1程度に小さくして、一度に2万個作製できるようになった。

 この肝芽を拒絶反応を起きにくくした肝不全のマウスに移植したところ、正常な肝機能が確認された。

 小林英司・慶応大学特任教授(臓器再生医学)の話「iPS細胞単独で肝芽ができたことは大きな進歩だ。移植場所や定着させる方法などを含め人に近い大型動物で確かめる必要がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事