文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

着床前検査(2)年齢上がると効果疑問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「子宮に戻せる受精卵ではありませんでした」

 東京都のB子さん(44)は2016年7月、大谷レディスクリニック(神戸市)院長の大谷 徹郎てつお さんから着床前スクリーニング(PGS)の結果を聞き、肩を落とした。残念な知らせは4回目だ。

 PGSは、体外受精による受精卵のすべての染色体を検査し、異常のないものだけを子宮に戻す技術だ。

 40歳を過ぎ、卵巣の機能が低下していたB子さんは、採卵しても卵子は一つしか取れなかった。それを夫の精子と体外受精させた受精卵を凍結。PGSで検査したが、染色体に異常があった。これより前に行った3回のPGSでも、計5個の受精卵を調べたが、いずれも染色体に異常が見つかり、子宮に戻せなかった。

 B子さんは30歳で結婚。夫婦共に正社員として忙しく働いてきた。なかなか赤ちゃんに恵まれず、35歳で不妊治療を開始。体外受精によって妊娠したこともあったが、38歳と41歳の時に計3回流産した。スーパーで幸せそうな親子をみるとやるせない思いが募った。

 B子さんは、42歳になった15年から2年間、PGSを行っているとインターネットで知った同クリニックに夜行バスで通い続けたが、努力は実らなかった。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事