文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

赤ちゃん連れで議会 もっとやって!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
赤ちゃん連れで議会 もっとやって!

踏切を見ながらごはんを食べる息子です

 熊本市議会の女性議員が議場に生後7か月の赤ちゃんを同伴し、認められなかったことが話題となっています。この件がきっかけとなり、職場に子供を同伴することの是非や、子供の預け先をどうするかなど、議論が活発化しています。多くの人が賛否それぞれの意見を出していますが、私も自分の考えを述べたいと思います。

パフォーマンスとしては成功

 私も子供の預け先が手配できないときに、取材の場に同席させたり、講演会の控室で誰かに見てもらったりすることがよくあります。その一方、自分の仕事先である医療機関に子供を連れて行くことは、まずありません。

 子供の月齢・年齢や仕事の内容によって状況は大きく変わってくるので、子連れ出勤を、一元的に推進すべきだとか、ダメだとか言うべきではないでしょう。議会という職場は、海外では乳児連れの事例もあり、絶対にダメな場所ではないと思います。

 女性議員は新聞の取材に対して、子供を預ける方法も模索したが、「子育てと仕事の両立を『個人的なこと』という態度の議会事務局の対応に対し、『これだけの社会問題を個人の問題と片付けるのか』という思いがふつふつと湧いてきた」「声を聞いてもらうには、もう議場にわが子と座るしかない。無数の悲痛な声を可視化したかった」と答えていて、赤ちゃんを連れて出席を試みること自体にアピールの意味があったことを認めています。これだけ話題になっていますし、パフォーマンスとしては成功したと言っていいでしょう。

株を下げた熊本市議会

 しかし、私個人の意見としては、議論にはなったものの、否定的な意見もかなりの割合を占める結果となってしまったことから、事前の根回しや仲間集めをもう少ししっかりしておけば良かったのではないかと思えます。

 また、女性議員は新聞の取材に対し、「母子分離が子供の発達に影響する」ということを話しています。その記事だけを読むと、子供を預けて働いている人が、心にわだかまりを抱くでしょう。子供を預けることが葛藤を生むデリケートな問題だということを、認識してほしかったと思います。 

 もっと残念なのは、女性議員を処分することにした熊本市議会の対応です。この機会に規則を変え、市民の子育て支援を充実させる議論をすれば株が上がったのに、 杓子(しゃくし) 定規な対応に終始していました。願わくは、今回と同じパフォーマンスを、より高い完成度で、もう一度どこかの女性議員にやっていただきたい。そして、それが母子の当たり前の姿になっていくといいなと思います。(宋美玄 産婦人科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

5件 のコメント

コメントを書く

こういう時に思うのが、

天気予報は晴れ

皆自身の体験や環境のみを持ち出して、限定的な感想を持ちがちということです。 よく「昔は〜」という人がいますが、結局は自身の経験を肯定したいがため...

皆自身の体験や環境のみを持ち出して、限定的な感想を持ちがちということです。
よく「昔は〜」という人がいますが、結局は自身の経験を肯定したいがための自己満足に終わってるアドバイス(のつもりの嫌味、か自慢)が多いです。
自分はうまくやってきたと思うなら、それが出来た環境に感謝してればいい話です。

今回の件については、先生のおっしゃる通り、根回しがあればもう少し発展性のあるものになっていたのではないかと残念に思います。
こどもを楯にしているようにも映り、直視できない辛さを感じました。
こどもには母親だけではなく、父親もいるはずです。
父親はどう思っているのだろう?
保活で奮闘しているのも母親ばかりです。
父親が親となってない世代の議員の人達の中だからこそ、あのようなパフォーマンスしかなかったのかな、と思い、胸が痛くなりました。

つづきを読む

違反報告

反対です

しろこ

議論を巻き起こすキッカケになったという面では、この議員のパフォーマンスはやって良かったと思います。 私個人の意見では反対です。 海外の事例では議...

議論を巻き起こすキッカケになったという面では、この議員のパフォーマンスはやって良かったと思います。

私個人の意見では反対です。

海外の事例では議員報酬がボランティアに近く、町内会のイメージが強いです。町内会の会議に子連れは違和感ありませんが、高額報酬を貰っている議員が育児を片手間に行うような仕事ぶりには違和感があります。

私は不妊治療を6年しており、子連れを見るのが辛いです。何度も鬱になりました。

子供を授からないことによる世間の風当たりが辛く、子供が熱を出して早退するスタッフの穴埋め要員として当然のように残業を強いられます。妊娠できない自分は欠陥品ではと日々自己評価が下がって行く中、鬱から救われたのは仕事で結果を出し自信を持った時でした。そんな大切な職場で、子連れと一緒に働かなければいけないとなったら…そんな社会、辛すぎて耐えられません。子供を免罪符に何をしてもいいという風潮に疑問です。

こういう時いつも疑問なのですが、父親は何をしているのでしょうか?子供の預け先がないときに助けるのは父親ではなく同僚なのでしょうか?今回のパフォーマンス、保育園や保育士の存在を片手間に仕事できるような内容と見下されているように感じますし、保育園増やさなくていいという話にもなりますし、父親の育児参加からも遠ざかりますし、時代に逆行していると強く感じました。

つづきを読む

違反報告

預ける場所がないのは段取りの悪さ

ワーキングママ

子連れで出勤ができる職業と出来ない職業、 できる場と出来ない場があるとは思いますが、議員として、 可能な範囲で子供と一緒に仕事をする姿をパフォー...

子連れで出勤ができる職業と出来ない職業、
できる場と出来ない場があるとは思いますが、議員として、
可能な範囲で子供と一緒に仕事をする姿をパフォーマンスとして
利用することがあっても良いとは思います。

ただ、議会という場に於いては、
公人として子供を同伴して出席が許される場ではないと思います。
ここでパフォーマンスはまずいと思います。

この議員さんはじめ、預ける場がないないと騒ぎたてる人がいますが、
きちんと事前に段取りをしていれば、預ける場所はあるんです。

たとえ、急病の時も病気保育、病気育児対応可能なシッターなど、
あらかじめ数カ所、準備確保して登録しておけば、どうにかなるはずです。
殆どのワーキングママは、そうやって子育て期間を乗り切っています。

そういった自分の段取り力のなさを、
国や社会のせいにしている人がいますがそれはお門違い。

逆に、子育てと仕事の両立するための必要な段取りや対応力、手配できない程度の能力で、
民の声を聞き、公に議論ができるのかと、議員としての才覚に
疑問を感じてしまうニュースでした。

ワーキングママとして議員を続けるのであれれば、
こんなヒステリックで下手なパフォーマンスに頼らず、
議員として正当な方法で理論的に子育て支援について議論をし、
ご自身の名誉をとりもどして欲しいですね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事