文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス甲府フォーラム「100歳以上の高齢者に学ぶ健康長寿」

イベント・フォーラム

[医療ルネサンス甲府フォーラム「100歳以上の高齢者に学ぶ健康長寿」](3)討論、質疑応答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

討論

 

[医療ルネサンス甲府フォーラム「100歳以上の高齢者に学ぶ健康長寿」](3)討論、質疑応答

山梨県中央市健康推進課保健師長・相田幸子さん

  山口  百寿者はなぜ女性が多いのでしょう。

  広瀬  世界でも女性が多いです。男性と女性は、中高年でかかる病気が違うからという説があります。男性は、心筋 梗塞こうそく や脳梗塞などの致命的な病気になって亡くなることが多い。女性は骨粗しょう症や変形性関節症が多く、機能が悪くなります。

  山口  食事や運動が大事と言われましたが、摂取すべきアミノ酸とは、肉や魚、大豆などのたんぱく質ですか。

  広瀬  虚弱にならないためには筋力を維持すること。筋肉になるたんぱく質を取ることが有効というデータがあります。サプリメントでもいい。

  山口  相田さんは、保健師として家庭を訪問されてきた。高齢者の性格的なものや生活習慣で感じたことは。

  相田  元気な人は高齢でも役割がちゃんとある。病気がちな娘さんの世話をしている母親がいます。90歳ぐらいですが、三輪自転車で役場に色々な手続きに来ています。ひ孫の相手をしてあげている97歳の人もいます。小さなことから大きなことまで、役割を持っていました。

id=20171201-027-OYTEI50007,rev=3,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

コーディネーターを務めた山口博弥・読売新聞東京本社医療部長

  山口  山梨県は、健康寿命(介護を必要とせずに自立して生活できる期間)が男女とも日本一=厚生労働省発表の2013年ランキング=です。食事や運動に秘密があるのでしょうか。

  山縣  あまりないと思います。国民健康栄養調査では5年ぐらい前まで、山梨県の塩分の摂取量は男女ともワーストでした。1日に歩く歩数も東京の人と比べて5分の4ぐらい。喫煙率も低くない。健康行動、健康状態という面ではトップクラスではありません。ただ医療の質は、きちんと高いレベルを持っていると思います。それと、無尽で友達や家族、仲間で旅行に行ったり、サロンのような集まりに行ったりしています。

  山口  健康寿命が日本一なのは、社会的なつながりが昔からあるからですね。

  相田  人によっては月に4、5回集まりがあるようです。私も毎月ではないですが、同級生などと会っています。

  山縣  無尽は、参加しなくても会費を払わなければいけないので、みんな行くようになる。月1回会う感覚が重要で、例えば、互いの健康状態を知ることができる。女性も「無尽に行く」と言えば、誰とどこに行くか問われない。家族の悪口を言い合って、ストレスを解消します。

 ◇ あいた・さちこ  山梨県市川三郷町生まれ。国立東静病院(現国立病院機構静岡医療センター)付属看護学校卒。1981年に同県田富(たとみ)町(現中央市)の保健師となり、2015年から現職。

質疑応答

 

   百寿者の調査をしていて、改めた生活習慣はありますか。

  広瀬  百寿者の通りやろうと思ったことはありません。貴重な手本なんでしょうが、私には長続きしないだろうなと。人によって長生きの 秘訣ひけつ は違うと思います。遺伝子の解析などが進んでくると、一人一人に最適の健康長寿の方法が分かるようになるかもしれません。

   無尽がない地域では、どうすればいいでしょうか。

  山縣  無尽の良さは、定期的に決まった人と会うこと。お金も絡んでいるので、相手と信頼関係がないとできない。同級生、趣味や仕事の仲間、気心の知れた人と定期的に会う。高齢者は地域のサロンに参加して、仲間を作ることもいいかもしれません。

   何歳まで生きたいと考えていますか。

  広瀬  考えたことはありませんが、100歳以上の人に聞くと、大半が「あと数年は」と答えます。「目標や希望がないと、長生きしたくなくなる」という人もいました。

  相田  母が亡くなった年齢の82歳まで。そこまで生きれば、自分の孫やひ孫も見ることができるのではないかと、ひそかに楽しみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント・フォーラムの一覧を見る

医療ルネサンス甲府フォーラム「100歳以上の高齢者に学ぶ健康長寿」

最新記事