文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス甲府フォーラム「100歳以上の高齢者に学ぶ健康長寿」

イベント・フォーラム

[医療ルネサンス甲府フォーラム「100歳以上の高齢者に学ぶ健康長寿」](2)山梨が誇る「無尽」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

山梨大学医学部教授・山縣然太朗さん

[医療ルネサンス甲府フォーラム「100歳以上の高齢者に学ぶ健康長寿」](2)山梨が誇る「無尽」

 山梨大学では2003年から、高齢者600人の生活状況などを追跡調査しています。追跡調査でわかったことは、長生きの人は、人付き合いがいいということ。旅行仲間や悩みを相談する相手がいる人です。

 山梨には無尽の文化があります。平均年齢75歳の調査対象者の約6割が参加しています。

 無尽の場では、仕事ではなく、健康や政治、趣味のことが話題になります。無尽によるつながりは、互いの信頼関係や規範を生み出していて、これは健康にも関係しています。

 孤立を防ぎ、情報を共有して一緒に問題を解決する仲間がいる。人を大切にしてきた風土が、長寿・山梨を支えていると思います。

 <無尽> 江戸時代に広まったとされる庶民の互助組織「無尽講」の名残で、掛け金を持ち寄り、仲間内で融通し合う。山梨県では、同級生や近所の人などと定期的に集まり、飲食などの会合を開いたり、積立金で旅行したりする習慣として定着した。最近は現金を集めず、単なる飲み会として開かれるケースも増えているという。

 ◇ やまがた・ぜんたろう  山口県生まれ。山梨医科大学(現山梨大学)卒。米カリフォルニア大学への留学を経て、山梨大学教授。同大出生コホート研究センター長を兼任している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント・フォーラムの一覧を見る

医療ルネサンス甲府フォーラム「100歳以上の高齢者に学ぶ健康長寿」

最新記事