文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

落語家 林家木久扇さん

一病息災

[落語家 林家木久扇さん]喉頭がん(5)東京五輪まで「笑点」出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 これまでに腸 閉塞へいそく 、早期の胃がん、腰痛などを経験した。手術直後でも「笑点」を休まなかったが、3年前、のどにできる喉頭がんになり、放射線治療を受けた時はさすがに9週間休養した。

[落語家 林家木久扇さん]喉頭がん(5)東京五輪まで「笑点」出演

 笑点に47年以上出演し続け、落語の公演でも、ほとんど休みなく全国を飛び回ってきた。元気の理由は「妻が体調にすぐ気づいてくれるのと、毎月かかりつけの病院を受診しているから」だ。

 喉頭がんと診断される前、普段とは違う様子に、受診を強く勧めてくれたのが妻だった。かかりつけの大学病院には、五つの診療科を代わる代わる毎月のように受診する。「病院をころころ替えないで、長年のデータがあり、信頼できるところに長く通い続けているのが良いんでしょうね」と話す。

 喉頭がんと分かった時も、病気自体ではあまり悩まなかった。その理由は、小学1年生での戦争体験にある。東京大空襲などで防空 ごう に何度も逃げ込み、「子どもながらに、死んじゃうんじゃないかといつも考え、覚悟もしていました」。だから「戦争に比べたら、病気は自分の中で戦えば済む。小さいことです」。

 東京五輪の2020年に笑点出演は50年を超える。「それまでは出続けたい。そしてもっともっと稼いでみせるぞ!」

 (文・石塚人生、写真・米田育広)

  落語家 林家 木久(きく)(おう) さん(80)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

落語家 林家木久扇さん

最新記事