文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

僕、認知症です~丹野智文43歳のノート

コラム

「認知症の人を勇気づけたい」湧き上がる思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

素っ気ない初対面「まずはつきあってみよう」

「当事者を勇気づけたい」湧き上がる思い

京都での講演会では、山崎先生の提案で浴衣を着ました。みんなも着てくると思っていたら、なぜか私だけ。せっかくなのでそのまま講演したら、少し度胸がつきました

 宮城県庁での初めての講演会から数か月がたった頃、仙台市内で「いずみの(もり)診療所」などを開いている山崎英樹先生に頼まれて、医療や介護、福祉関係者などが集まる「宮城の認知症ケアを考える会」で話をしました。

 山崎先生は「認知症の人と家族の会宮城県支部」の顧問でもあり、以前から、皆が「いい先生だよね」と言うのを耳にしていました。かねてお会いしたいと思っていたところ、「家族の会」の若生栄子さんが紹介してくれたのです。

 初めて会う山崎先生は、言葉は少なく、終始、淡々とした表情でした。実はこの時、「この素っ気ない人が、本当にあの評判のよい山崎先生なんだろうか」と疑ってしまいました。でも、誰もが口をそろえて褒める先生ですから、「一度会っただけでは分からないことがあるに違いない。まずはおつきあいしてみよう」と、セールスマン時代の感覚で講演依頼も引き受けました。

「人生の再構築」に納得

 当日は、京都府立洛南病院の森俊夫先生が私の前に講演しました。森先生のお話で、京都では認知症を巡り、先進的な取り組みが行われていることを知りました。特に強く印象に残ったのが、「人生の再構築」という言葉でした。

 そこには、「認知症と診断されたら、認知症とともに生きる人生戦略を立て直せばいい」という意味が込められています。私自身に当てはめてみると、一生の仕事と思っていた自動車販売の営業は、認知症になって断念せざるを得なくなりましたが、それを悔やんでいても仕方ありません。認知症とともにどんな人生が送れるのかを考えて、これからのプランを作り直せばいいんだ――。そう考えたら、何だかすごくしっくりきたというか、「そうか!」と納得できたのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tanno_200eye

丹野智文(たんの・ともふみ)

 おれんじドア実行委員会代表

 1974年、宮城県生まれ。東北学院大学(仙台市)を卒業後、県内のトヨタ系列の自動車販売会社に就職。トップセールスマンとして活躍していた2013年、39歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断を受ける。同年、「認知症の人と家族の会宮城県支部」の「若年認知症のつどい『翼』」に参加。14年には、全国の認知症の仲間とともに、国内初の当事者団体「日本認知症ワーキンググループ」を設立した。15年から、認知症の人が、不安を持つ当事者の相談を受ける「おれんじドア」を仙台市内で毎月、開いている。著書に、「丹野智文 笑顔で生きる -認知症とともに-」(文芸春秋)。

僕、認知症です~丹野智文43歳のノートの一覧を見る

最新記事