文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

牛乳アレルギー治療、経口免疫療法で脳障害…臨床研究の子ども

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 神奈川県立こども医療センター(横浜市)は14日、食物アレルギーに対する 経口けいこう 免疫療法の臨床研究に参加していた子どもが今年、アレルギー症状とみられる体調不良を訴え、一時心肺停止になったと発表した。

 脳に障害が出て、低酸素脳症の治療を受けているという。

 同センターによると、牛乳アレルギーがあるこの子どもは、入院した上で牛乳を少しずつ飲む経口免疫療法を受け、治療開始から22日目に退院した。通院しながら自宅で牛乳を1日135ミリ・リットル飲み続けていたが、退院3か月後、いつも通りに牛乳を飲んだ後、呼吸できなくなって救急搬送された。2日前にぜんそくの発作を起こしていた。

 同センターは、この臨床研究に参加している患者約200人に対し、異変があればすぐに連絡するよう求める一方、日本小児アレルギー学会に経過を報告した。同学会によると、経口免疫療法に伴い、低酸素脳症のような重い症状が報告されたのは初めてという。

 同学会は14日、ホームページに「心よりお見舞い申し上げます」とコメントを発表。医療関係者に向け、〈1〉一般診療として推奨しない〈2〉予期しない重い症状が起こることがある〈3〉専門医がいる施設で臨床研究として慎重に行う――などの注意喚起をした。

 同学会はすでに、経口免疫療法を行う国内約300施設を対象に緊急調査を実施。同様に重い症状が出た患者がいないか確認を求めている。19日に宇都宮市で開かれる同学会の学術集会で調査の中間報告を行う。

          ◇

【経口免疫療法】  アレルギーの原因となる卵や小麦、牛乳などを少しずつ食べたり飲んだりし、体を慣らして耐性を獲得する治療法。皮膚のかゆみや目の充血、息苦しさなどの症状の改善が期待できる。2015年までに約8000例の実施が確認されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事