文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いちばん未来のシニアのきもち

コラム

歩いている高齢者にハラハラすることないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、慶成会老年学研究所の宮本典子です。

 高齢者は、超高齢社会のいちばん先をいく人たちです。共に生きやすい社会をつくることは、次の世代の未来をつくることになると思いませんか?

 みなさんは、高齢者の歩き方にハラハラ、ドキドキしたことはありませんか?

横断歩道を渡りきれない高齢者

20171121-ichibanmirai

 私の仕事場の前に、片側3車線の大きな道路があります。時々窓越しに目をやると、高齢者がまだ半分くらいしか渡れていないのに信号が変わってしまい、危ない! 大丈夫かしら? と気をもむことがあります。

 道路の中央に緑地帯はありますが、だからと言って、横に移動して、そこで止まっていられるような幅でもありません。むしろそこにいては危険なくらいです。

 高齢者たちは、最後は小走りになり、青信号になった側の車が待つことで、無事に反対側に着く、という状態です。緊張して見ていた私も、これでやっとほっとします。

 健康的な日常生活を維持するために歩くことは能力を維持する上では不可欠ですが、加齢による運動機能の低下は避けられません。たとえば;

・高齢になると、歩幅が小さくなって歩く速度が遅くなります。

・地面から足を十分上げられない「すり足」も多くなります。

・体幹を支える筋力が衰えて体が前後に動くようになり、バランスも取りにくくなります。

 こうなると、つまずいて転倒しやすくなります。そのときは骨折する危険性が高く、骨折をきっかけに、寝たきりになってしまう人が少なくありません。

 信号が変わるからと、急いで転倒し、けがをしては本末転倒です。高齢者にとって、転ばないように歩くことは重要課題です。

 あわてずに済むように、青信号時間の延長ボタンの設置箇所が増えるとよいとは思いますが、場所によっては車の通行量を考慮する必要があり、普及はそう簡単なことではないようです。

 最近は横断歩道内に歩行者がいるとセンサーが働き、青信号の時間が延長される、というシステムもあるようです。少しでも安全な環境になってほしいと思います。

 当の高齢者たちも、歩くときは不安を感じています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

logo_235b

宮本典子(みやもと のりこ)

 慶成会老年学研究所主任研究員。 臨床心理士。

 聖心女子大学文学部歴史社会学科人間関係(現人間関係学科)卒業。

miyamoto_100-120

 主に認知症高齢者、高齢期のうつ病の心理療法及び介護家族の心のケアにかかわる。自宅で暮らす高齢者や認知症の人を対象に、情緒の安定や認知機能の低下予防をめざす心理療法プログラム「ユリの木会」を運営している。共著に「認知症と診断されたあなたへ」(医学書院)、編著に「いちばん未来のアイデアブック」(木楽舎)がある。

慶成会老年学研究所

 高齢社会に関する心理学的、医学的臨床、研究、及び教育・研修を行う研究所として、1988年に設立。現在、心理学の専門家によって、高齢者と家族を対象にしたカウンセリング、専門職や一般企業への教育・研修と、高齢者と高齢社会に関する学際的な研究を行っている。

いちばん未来のシニアのきもちの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事