文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニャるほど!社会保障

ニュース・解説

認知症になると、どうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

記憶障害など表れる

認知症になると、どうなるの?

id=20171113-027-OYTEI50003,rev=6,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

認知症になると

どうなるの?

 Q 最近、認知症のことをよく聞くけど、どんな状態になることなの?

 A 認知症になると、記憶が抜け落ちたり、日時や場所がわからなくなったり、家事の段取りが立てられなくなったりすることが多い。病気などが原因で脳の細胞が壊れることで起きると言われるよ。周囲の人との関係や本人の性格によっては、妄想や 徘徊はいかい などの症状が出ることもある。認知症には種類がいくつかあって、記憶障害を伴う「アルツハイマー型」が全体の7割を占めるという研究もある。

 Q 高齢者の物忘れとはどう違うの?

 A そうだね。加齢による物忘れは、自分が忘れていることに自覚がある。例えば、1週間前に訪れた場所を思い出せなくても、きっかけがあれば思い出せるというイメージだ。一方、認知症の場合、忘れたという自覚に乏しい。食事をしたのに「まだ食べていない」など、行為自体を否定する例が目立つ。

 Q 認知症の人はどれくらいいるの?

 A 厚生労働省研究班の推計では、認知症の高齢者は2012年時点で462万人だ。高齢になるほど発症しやすく、85歳以上では男性の5割弱、女性の6割弱が発症するという調査結果もある。「団塊世代」全員が75歳以上になる2025年には、65歳以上の5人に1人にあたる約730万人が認知症になるという推計もあるんだ。

 Q 「認知症かも」って思ったら、どうすればいい?

 A 早めにわかれば、薬で進行を遅らせることも期待できる。まずは、かかりつけ医に相談してほしい。詳しい診断をする専門医は、日本認知症学会のホームページなどから探せる。自治体の地域包括支援センターでも紹介してもらえるよ。

 Q 本人もそうだけど、介護する家族も大変だね。

 A だからこそ、介護サービスが大切だ。グループホームなど、認知症の人を専門にしたサービスもある。本人や家族が交流する「認知症カフェ」も全国で広がっている。あらゆる手段で、本人や家族の孤立を防ぐことが大切だ。(板垣茂良)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

PIP160404YTE050009000-000

ニャるほど!社会保障
 「猫ピッチャー」の作者、そにしけんじさんの話「社会保障は難しいイメージもありますが、実は身近で大切な問題。若い人も含めて、自分たちの生活を考えるきっかけにしてほしいです」

ニャるほど!社会保障の一覧を見る

最新記事