文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

薬の場所まで眼鏡型端末で誘導…時間短縮、調剤ミス防止の新システム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
薬の場所まで眼鏡型端末で誘導…時間短縮、調剤ミス防止の新システム

多くの薬の中から薬剤を探せる眼鏡型端末を着けた薬剤師(神奈川県藤沢市で)=米田育広撮影

 眼鏡型端末が、処方箋に書かれた薬の場所に薬剤師を誘導してくれる新システムを、ベンチャー企業のシャンティ(東京都目黒区)が開発した。作業時間の短縮化と、調剤ミスの防止が期待できるという。

 システムは、米マイクロソフト製の眼鏡型端末「ホロレンズ」を活用。これで処方箋のQRコードを見ると、薬のある方向を示す緑色の矢印が目の前に映し出され、薬の引き出しの場所が青白く光って見える。

 薬の引き出しには事前にIC(集積回路)タグを付けておき、手に付けたセンサーを近づけると端末に「任務完了」と表示される。念のため、取り出した薬の画像も残しておける。

 今月中旬には神奈川県藤沢市の調剤薬局で、県の支援を受けて実証実験を行い、使いやすさをチェックする予定だ。シャンティの担当者は来春には商品化したいとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事