文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わたしの医見

コラム

やる気のない医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

埼玉県 会社員女性 57

 20歳の娘が潰瘍性大腸炎と診断された。近所の病院に通っていたが悪化し、紹介状を書いてもらい大学病院に入院した。退院後は、再び近所の病院で定期的に内視鏡検査を受けていたが、担当医師が退職してしまった。症状が悪くなり、後任の医師の所に行ったが、やる気のない様子で、「(大学病院への)紹介状を書けばいいんでしょ」と言い、ろくに診てくれなかったという。娘は「二度と行かない」と涙ぐんだ。

 退職は仕方ないが、きちんと引き継ぎが出来なかったのか。不信感が残った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iken_117

【わたしの医見のご投稿募集】

医療に関する体験、意見、疑問をお寄せください。
住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、〒100・8055読売新聞東京本社医療部「わたしの医見」係(ファクス03・3217・1960、メールiryou@yomiuri.com)へ。
読売新聞紙面にも掲載されます。

わたしの医見の一覧を見る

5件 のコメント

コメントを書く

困ったモノだ

jacs

寺田さんのコメントは、常に医師目線。バランスに欠けているように思います。 医師と患者の関係は、圧倒的に強い立場の医師に対し、数は多いが医師に頼る...

寺田さんのコメントは、常に医師目線。バランスに欠けているように思います。

医師と患者の関係は、圧倒的に強い立場の医師に対し、数は多いが医師に頼る患者。医師が「俺が直してやる」と言うような対応すれば、患者の気持ちは離れていくといているのです。

「「医者が努力さえしてくれたら」って言いますが、どれだけの努力を要求される気なのでしょうか?」

どうして、こういう威圧的な発言をして平気でいられるのか、全く理解できません。患者の気持ちになって考えましょうと、至極真っ当なことを言っているつもりです。

医者の都合で言い訳されても、患者には納得できません。

つづきを読む

違反報告

対処法を教えます。

miikun

当然受けられるはずのサービスを受けられなかったなら、まずは会計担当者へそのように主張した上で支払いを拒むことをお勧めします。

当然受けられるはずのサービスを受けられなかったなら、まずは会計担当者へそのように主張した上で支払いを拒むことをお勧めします。

違反報告

医療崩壊を防ぐために医療の構造問題を学ぶ

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

(医師が努力しないからだ、という反論に対して) 想定内の反論ですが、文字数の加減がありました。 言葉が投げやりだったのはその医師の人格や接遇の問...

(医師が努力しないからだ、という反論に対して)
想定内の反論ですが、文字数の加減がありました。
言葉が投げやりだったのはその医師の人格や接遇の問題や多忙で説明する暇がなかったのかは分かりません。
確かにその部分も、その時間や空間を切り取って考えると不適切に思います。
しかし、どんな問題も、目に見える枝葉の問題の前に、構造問題が潜んでいます。

重要なのは医師や医療の持つ多様性と研修医制度や新専門医制度、人事や引継ぎの不備などで医師の方も困っている場合が少なくないということです。

「医者が努力さえしてくれたら」って言いますが、どれだけの努力を要求される気なのでしょうか?
実は答えのない問題で、真面目な医師程上司に目をつけられてオーバーワークに追いやられて燃え尽きていくからくりです。(ポストの奪い合いは熾烈です。)

現場の医師の不手際を庇うことや構造問題を書くとまた仕事のお断りが増えて生活が困るのですが、少なくない大組織の重職はそういうリスクは背負いませんね。
責任も努力も下に丸投げです。

「患者も万能の医者などいないことなど承知しています。」
なんてことはないですよ。
もしもそうであれば、言葉は誤っても、判断を誤っていない医師に対して、厳しい意見などでないはずです。

患者さんのお怒りもわかりますが、今の研修医制度や専門医制度を取り巻く事情の理解なしに、現場の医師と患者が不毛な激突をしても、真面目な医師からドロップアウトして医療崩壊が促進するだけだと思います。
そうすると、お金持ち以外まともな医療が受けにくくなります。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事