文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

コラム

成長期の腰痛は疲労骨折かも!? ―腰椎分離症―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 どうも、大関です。腰痛は直立歩行をするようになった人間の宿命と言われるくらいで、多くの方が経験していると思います。しかし、成長期の段階で生じる腰痛は宿命でも何でもありません。今回は成長期の腰痛についてお話しします。

 中学生野球選手のケースです。

 中学2年生のD君。ポジションはキャッチャーで、バッティングには自信があります。しかし、半年ほど前からバッティング時に腰痛を感じるようになり、練習を休むことも出てきました。特に腰を反らせる動作のときに痛みました。最近は日常生活でも腰痛があるとのことです。

 成長期の腰痛は要注意。「疲労骨折」を生じていることもあるからです。疲労骨折とは、外から小さな力が繰り返し何度も加わることにより、徐々に骨折が生じることをいいます。1度の力による骨折だと、激痛のためすぐに医療機関を受診しますが、疲労骨折の場合はそこまで痛くないため、受診までに時間がかかるケースも多いのです。

 腰椎の疲労骨折は、関節突起間部といわれる場所に起きます。腰椎の中でも後方の部位で、腰を反らしたり、回したりする動作のときに負担がかかります。疲労骨折は、初期の場合、単純なX線検査では判別できず、CT(コンピューター断層撮影)あるいはMRI(磁気共鳴画像)検査で診断されます。進行すると骨折した部分で腰椎が離れるため、「腰椎分離症」と呼ばれています(下図)。

020171108-OYTET50014-01

 腰椎分離症は、初期であれば、骨がくっつく( 癒合ゆごう する)ことが期待できます。しかし、進行期、末期と進むにつれて分離は進み、癒合の確率は減っていきます。そのため、できるだけ初期の段階で治療を開始することが大切です。初期なら、腰を反る動きなどを制限するコルセットを装着した上、3か月間スポーツを休みます。これなら、約90%のケースで骨が癒合します。

020171108-OYTET50014-02

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

Ozeki-7-pro

大関信武(おおぜき のぶたけ)

整形外科医・博士(医学)
一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。
2002年滋賀医科大学を卒業。2014年横浜市立大学大学院修了。横浜市立大学付属病院、横浜南共済病院、関東学院大学ラグビー部チームドクター、英国アバディーン大学研究員などを経て、2015年より東京医科歯科大学再生医療研究センター所属。現在、東京医科歯科大学付属病院スポーツ医学診療センター、八王子スポーツ整形外科などで診療。日本体育協会公認スポーツドクター。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、足関節靱帯損傷、骨折(鼻骨、手首、下腿)など自身が豊富なケガの経験を持つ。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、2015年12月一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事