文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニャるほど!社会保障

ニュース・解説

ホームレスの人は、どのくらいいるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

居場所様々に実態不明

ホームレスの人は、どのくらいいるの?

id=20171030-027-OYTEI50005,rev=2,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

ホームレスの人は

どのくらいいるの?

 Q 夜、公園で寝ている人を見かけたの。段ボールやブルーシートを使っていたわ。

 A 家がなくて、外で暮らしている「ホームレス」の人のことじゃないかな。2002年に制定されたホームレス自立支援法では、「公園や河川敷、道路、駅舎などで生活する人」と定義されているんだ。

 ホームレスになってしまう背景には、失業や病気で収入が低くなるなど様々な事情がある。生きづらさを抱えて人間関係をうまく築けず、家族や地域から孤立している人も多いんだ。

 Q 何人くらいいるの。

 A 厚生労働省の集計によると、今年1月時点で全国に計5534人いた。調査員が昼間、見て確認した人数なので、実態はもっと多いといわれる。東京や大阪などの都市部に集中しているよ。雇用環境の改善などで、03年調査の2万5296人と比べると大幅に減った。

 でも、屋外だけでなく、24時間営業のネットカフェや飲食店などで過ごす「隠れホームレス」の存在も指摘されているんだ。

 Q どうやって生活しているの。

 A 同省が今年9月に公表した生活実態調査によると、半数以上が仕事をしていて、平均収入は月約3万8000円。廃品回収や、建設現場での日雇い労働で生活費を得ているそうだ。高齢化が進んでいて、平均年齢は61・5歳。初めて60歳を超えた。高齢になると、若者よりも社会復帰が難しく、健康状態も心配だね。

 Q 自分の家で安心して暮らせるように、助けられないのかしら。

 A 国や自治体が、一時的な宿泊場所の提供や、就労に向けた支援に取り組んでいるよ。民間団体による炊き出しや、巡回相談も熱心に行われているんだ。

 Q うまく支援につながるといいんだけど。

 A そうだね。支援が必要な人を様々な視点で見つけ出し、その人に合った形でねばり強くサポートしていくことが必要だね。(粂文野)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

PIP160404YTE050009000-000

ニャるほど!社会保障
 「猫ピッチャー」の作者、そにしけんじさんの話「社会保障は難しいイメージもありますが、実は身近で大切な問題。若い人も含めて、自分たちの生活を考えるきっかけにしてほしいです」

ニャるほど!社会保障の一覧を見る

最新記事