文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

「奈落の底に幾度、落とされたら…」群大病院手術死、家族慟哭の手記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 群馬大学病院で、同じ医師が執刀した肝臓の 腹腔鏡ふくくうきょう 手術後、患者8人の死亡が続発していたことが2014年11月に発覚した。肝臓や 膵臓すいぞう の開腹手術でも患者の死亡が相次いでいたことがわかり、診療の 杜撰ずさん さが浮き彫りになったが、1人の患者が無理な手術によって重い合併症に苦しみ亡くなった様子を、家族がノートに詳しく書き留めていた。ベッドサイドで毎日、書き記されたノートは、なすすべもなく見守った家族の 慟哭どうこく の手記でもある。

20代半ばの看護師…手術から41日後に死去

入院前、友人の結婚式に列席し、花嫁のブーケトスでキャッチした花束を手に笑顔を見せる麻彩さん(仮名)。「次に幸せになるのは私?」と喜んでいたという(2007年撮影、遺族提供)

入院前、友人の結婚式に列席し、花嫁のブーケトスでキャッチした花束を手に笑顔を見せる麻彩さん(仮名)。「次に幸せになるのは私?」と喜んでいたという(2007年撮影、遺族提供)

 この患者は2008年に亡くなった岡田麻彩さん(仮名)。当時20代半ばで、群馬大学病院に勤める看護師だった。腹痛が強く、膵炎の疑いで前年暮れに入院。膵臓に腫瘍が見られたが、術前検査では、がんかどうか不明なまま手術が行われた。

 しかし、腫瘍は取りきれず、再手術する前提でいったん手術は終了。病理検査の結果、2週間あまり後にようやく進行した膵臓がんとわかった。

 後の調査によって、そもそも無謀であった可能性が示唆されたこの手術で、麻彩さんは家族との会話もままならない 凄絶せいぜつ な苦痛と闘った後、翌月に亡くなっている。

 麻彩さんの家族が毎日書き記していたのは、「麻彩の闘病記」とタイトルが書かれたB5判のノート。手術当日から亡くなるまでの様子や家族の思いが つづ られている。

 手術の41日後、麻彩さんは帰らぬ人となり、日々の記録は13ページで終わった。

 術後は毎日、麻彩さんに付き添っていた兄の健也さん(仮名)が主に記したもので、最後の3日ほどは母の筆跡も見られる。

麻彩さん(仮名)が入院中の2008年正月から手術の2日前までつづっていた日記と看護師の仕事で愛用していた聴診器。日記帳も聴診器も、大好きな空色だった

麻彩さん(仮名)が入院中の2008年正月から手術の2日前までつづっていた日記と看護師の仕事で愛用していた聴診器。日記帳も聴診器も、大好きな空色だった

 「闘病記」より抜粋した主な内容は以下の通り(原文ママ、個人名など一部修正あり)。


大手術…麻彩は本当に頑張ったんだ

2月7日(木)

 AM9:30 オペ開始。
 術前に手術時間が短ければ臓器切除、長ければ臓器保存と言われていた。
 PM10:30ぐらいにICUに呼ばれ、家族皆心配する。途中経過を聞き、出血多量との知らせ…家族皆余計に心配になり、無事を祈るばかり…。
 AM12:00頃、主治医から手術の説明があり、良性の腫瘍だった事を知らされた。また、CTでの検査断面図よりも病状もひどかった事による大手術であった事も知らされ、麻彩は本当に頑張ったんだと思った。

2月9日(土)

 相変わらず麻彩は寝たままだが、顔色が良いので安心はしていたが、夜、主治医から電話があり、術後の状態があまり良くなく、透析をするとの事。

2月11日(月)

 いつものように群大へ。今日から暴れない様に手足をしばらなければならなくなってしまった。だんだん髪の毛も油っぽくなり、 可哀想かわいそう で仕方がない。

何度も乱れる呼吸…何も出来なくてゴメン!

2月13日(水)

 主治医に呼ばれ群大へ。
 麻彩は多臓器不全気味で、明日のオペは中止。肺の状態が少し悪くなった事に伴い、気管切開を行うとの事。おなかも閉腹。明日の切開以降は経過を見ながら2回目の手術。
 悪性腫瘍だけはないように……と祈るばかり……。

2月17日(日)

 今日は目を開いていた。話しかけても、瞳孔が一点を向いたままで何も気付いてくれない。苦しいのか、何度も寝返りをうとうとして動いて呼吸が乱れることもしばしば。すごく可哀想で見るに見られない状態だった。
 麻彩ちゃん、何も出来なくてゴメン! 早くよくなって、一緒にバカをしたいね(泣)。

2月19日(火)

  黄疸おうだん の症状もまだひかないので、何とか元気な姿になって欲しい。毎日辛いが、一番 つら いのは麻彩自身! 家族は麻彩が良くなるのを祈るしかない。頑張れ麻彩! お願いします神様……。

2月20日(水)

 母と2人で群大へ。ガーゼの交換で待っていたのだが、偶然にも主治医と会い、お話しする事に。黄疸の症状はあるが、他の臓器は徐々に回復との事。黄疸は気になるが、他の臓器が回復という事だけでも少しは安心材料だ。

気付いてくれた(泣)…早く元気になって、ディズニー行こうね

2月21日(木)

 今日も母と2人で群大へ。昨日に続きまた処置のため待たなければならなかったが、なんと!! 久しぶりに麻彩が目を開けていて、2人に気付いてくれた(泣)。今日は麻彩が喜ぶ事を 沢山たくさん 言ってあげた。麻彩も時おり反応してくれて、すごく happyハッピー になれた。やっぱり麻彩には笑顔が似合う。麻彩ちゃん、早く元気になって、ディズニー行こうね。

2月22日(金)

 今日は瞳を開いたまま、ずっと気付いてくれなかった。昨日笑顔を見せてくれたので、すごく心配になってしまった。黄疸が以前よりもひどく見えた。

2月23日(土)

 午前中に父と親族3人が群大へ。午後は母方の親族で群大へ。母が買ったCDを持って行ってあげた。今日も笑顔はなかったが、目が昨日よりも良い感じがした。早く良くなって家に帰って来て欲しいと思う今日この頃…。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事