文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

服用1回で済むインフルエンザ新薬、実用化に向け申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 塩野義製薬は25日、服用が1回で済むインフルエンザ治療薬の実用化に向けた承認を国に申請した。スムーズに承認されれば世界に先駆け、2018年夏までに日本で医療機関向けに発売する見通し。5日程度続けて飲む必要のある既存薬「タミフル」と比べ、手軽に利用できる。

 この新薬は、体内に入ったインフルエンザウイルスの増殖を抑える仕組みだ。これに対してタミフルは、細胞内に増殖したウイルスが、他の細胞に広がるのを抑えるという。塩野義製薬は新薬について、臨床試験ではタミフルより高い抗ウイルス効果があったとしている。他人への感染を抑える効果も期待できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事