文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニャるほど!社会保障

ニュース・解説

子育てで「負担」と言われていることは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教育費やワンオペ育児

子育てで「負担」と言われていることは?

id=20171016-027-OYTEI50002,rev=2,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

子育てで「負担」と

言われていることは?

 Q 今回の選挙では、子育て支援がテーマの一つになっているね。子育てで最も大変なことは?

 A 教育費といわれているよ。保育所や幼稚園に通うには、利用料を支払う。小中学校は義務教育だから無償だけれど、学用品や学校行事にかかるお金は自己負担。塾やピアノといった習い事にも、お金がかかるしね。高校や大学に進めば、さらに費用がかさむ。幼稚園から大学まですべて公立でも、1人計1000万円以上必要というデータもある。

 Q けっこうかかるのね。

 A 子育て世帯の経済的負担を軽くするための制度がある。体調を崩しがちな小学生未満の子どもは、病院で支払う自己負担が安くすむ。中学卒業まで無料という自治体もある。中学卒業まで毎月5000~1万5000円を支給する児童手当も、助かるよね。

 衆院選では、幼児教育や高等教育の無償化を訴える政党がある。でも、お金だけでは、子育ての負担が解消されるわけではない。

 Q ほかに大変なことは?

 A 精神的な負担も大きい。「ワンオペ育児」って聞いたことがあるかな。母親だけが育児や家事を担うことだよ。こういう状態が続くと、次の子どもを産もうという意欲が低下しやすいと言われている。夫がもっと子育てにかかわれるよう、長時間労働など働き方を見直すことも重要だ。地域の人が子育ての相談にのり、手助けする活動を広げることも大切だね。

 Q 女性が大変そうね。

 A 仕事を持つ女性が増えたこともあり、結婚や出産が遅くなる傾向にある。働きながら子育てするのが体力的にきついと感じる人も多い。育児休業や短時間勤務の制度が整ってきているのに、1人目の出産を機に、5割弱が仕事を辞めている。働き続けたとしても、パートなど短時間の仕事に変わる女性も多い。保育所を希望しても空きがない「待機児童」も、全国に約2万6000人いるんだ。

 日本の将来を担う子どもたちと子育て世帯を、社会全体でしっかり支えることが欠かせないね。(大広悠子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

PIP160404YTE050009000-000

ニャるほど!社会保障
 「猫ピッチャー」の作者、そにしけんじさんの話「社会保障は難しいイメージもありますが、実は身近で大切な問題。若い人も含めて、自分たちの生活を考えるきっかけにしてほしいです」

ニャるほど!社会保障の一覧を見る

最新記事