文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

365件 のコメント

コメントを書く

私は口唇裂です。

私は口唇裂として生まれてきました。

産まれた時、母親は健康に産んであげられなかったことで自分を責め、毎日泣いていたといいます。

それでも、私を一所懸命に育ててくれました。
片道2時間もかかる都内にある病院まで、私が小さな頃から高校生になるまで連れていってくれました。

私自身、口唇裂で虐められたというか、悪口を言われたりからかわれたりしたこともあります。でも、そんな時は兄や友達が必ず守ってくれました。

おかげで、私は自分が口唇裂だということを忘れて生きてくることができました。

口唇裂の跡は、まだ残っていますが、それが人生を左右するような事はけしてありませんでした。


今回の悲しい記事を読んで、そんなに酷い親がいることにショックを受けたのと同時に、私の
母は強い人だったのだと改めて感謝しました。


私自身、これから子供を産む時になって口唇裂の子が産まれてくるかもしれません。遺伝の可能性もあるようなので。

それでも、母のように必ず子供を守ってみせます。

どうか、こんな悲しいことが2度と起こらないように願っています。

違反報告

珍しくない病気なのに

あんこ

私の妹が口唇口蓋裂でした。
母は保育士だったので知識があり、珍しくない病気だと知っていたので、
妹はすぐに手術を受け今は立派な看護師として働いています。
妹の場合は合併症もありません。普通の人と変わらず食事もできています。
親になる人間の知識のなさが不幸な子供を増やすのだと思います。
善人ぶると書いている方がいますが、原因全てが遺伝子異常ではありませんよ。
無知を盾にしているだけではないですか?

違反報告

医学の進歩とは

医学は進歩して長生きできるようになったはいいが
無駄に延命するだけがその人の幸せだろうか
特に老人、なんの生産性もない、自分で歩けない飯も食えない
介護で家族は金銭的にも肉体的にも精神的にも追い詰められる
本当に長生きさせることが幸せか?子供もそうだ
障害を背負って生かす事がほんとに幸せか?医者のエゴじゃないかと思う

違反報告

ごめん&ありがとう

ともちん

「口唇口蓋裂」って知らなかった
何だかこわいネーミングに聞こえた
生んだ時、お先真っ暗というか、成長していく様が思い描けなくて真っ白だった
同室の新米ママは幸せいっぱいの様子だった
私は食欲も元気もない この子はどんな人生を送るのだろうという不安
「何で先生たちは(子を)殺して、『死産でした』って言ってくれなかったの」って思った‥

今は、普通の大学生。

生まれた時ひどい事を考えてしまった自分が怖くなった
でもそう考えてしまったのは、「口唇口蓋烈」の人の事を全く知らなかったから

本当に大切な宝。
サポートしてくれた先生や看護士さん、たくさんの人に感謝してます

そんな不安なママに私がお役にたてることがあればという気持ちでいます

違反報告

無責任なのは親ですか?

るき

いやいや、手術の放棄は顔が受け入れられないという理由だけじゃないでしょうに。
人間社会だから生まれつき障害を持った人も生きることはできるけれど、自然の中だったら淘汰されてるよ。
歩けないキリンが生まれたらライオンやハイエナが食べてしまうでしょう?遺伝子の異常のあるものが子々孫々繁栄出来ないよね?
あまり善人ぶるのも違うと思う。

違反報告

皆さん落ち着いて

問題意識だけはある人

この話は現在は医院を開いている医院長が過去にあった出来事を書いているんです
何年前の話かは分かりませんが
仮に30年以上前の話であれば
虐待問題に公的機関が無力だった時代であったと思います

結局、国民の関心が高まって虐待対策が票になると感じた政治家が行動を起こして現在のように対応ができるようになっているんです
現在でも不十分な点は多々ありますが昔よりは良い方向に進んでいます
対策や対応ができるようになった現在の視点でこの問題を考えるのでは納得のいく結論は出ません
それよりもこれからどの様な方策を講じるべきか考える方が良いと思います
私が思うに
まず児童養護施設を拡充する(施設の充実と数自体を増やす)
職員の意欲・知識・判断力の向上を目途に虐待対策及びケア専門の学校を作り、国家公務員として十分な給与と権限を与える
米国に準じた虐待の定義と親権はく奪を含む強権の確保
財務省の管轄できない財源の確保(これが最も重要)
これらの準備を行ったうえで、今回のケースでは
親権の停止措置を行ったうえで手術を行い
手術後に子供を引き取るかどうかの協議を行い
引き取らない場合には親権の放棄として国で子供の面倒を見る
また、親権の停止期間中に発生した費用はすべて国費で賄う
放棄された親権の取得にはそれまで発生した費用(医療費・生活費など)の弁済義務と虐待対策監察官による保護観察(成人するまで年4~10回程度の面会)が発生する
と、いうようにすればほとんどのケースで対応ができると考えます
財源については消費税の1%分を当て(消費税で集まった金額の1%ではない)
余るようであれば(配分予算を余らせないのは公務員のお家芸ですが)養護施設を卒業する若者に分配する
最後に
絶対に異論・反対が出る案だとも思います

違反報告

人として生まれてきたのに

ハロ

何故警察に連絡しなかったのか不思議です。
人として生まれてきて生んだ親が受け入れられないから病院側に任せて放り出す。
10か月もお腹に居てたわが子を・・・。
一種の殺人ではないのか?
出生届を出さないと警察も関与が出来ないのか?
こんな事どの国でも起こって欲しくない。

違反報告

身勝手な親

くじら

何故 産んでおいて病院側に
丸投げなんだろう

生まれた命がモノの様に
扱われてる

奇形を受け入れられない?
自分の子なのに
助けようとしない?

理解出来ない

何故 こんな世の中に
なってしまったの?

違反報告

この両親はネグレクトに該当しませんか

なな

手術拒否なら死ぬ、 と知った上での手術拒否

児童相談所の[保護が]必要だったのでは?手術の勧めしか行われなかったのでしょうか?
手術拒否(生存拒否)でミルク飲めない=食事を与えられない=ネグレクト
「これは虐待です。児童相談所が引き取ります。」との対応をしなかった不思議

病院に相談できる弁護士さん、居ないのかな
また、110番してたら、結果はどうだったんですかね・・

違反報告

誰を呼ぶべきか

suzume

児相ではなく、もしくはそれに加えて心理職を呼ぶべきだったのではないでしょうか。一時親権を制限して、という強行手段を模索したところに患者家族の反発を生じさせた原因があるようにも推察します。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。