文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

マダニ感染症、「犬から人に」…国内初確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 マダニを介してうつるウイルス性の「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)を発症したペットの犬から飼い主が感染したと徳島県が10日、発表した。

 犬から人への感染が確認されたのは国内で初めてという。飼い主も犬も症状は回復している。

 徳島県によると、感染したのは県内に住む40歳代の男性。6月上旬、飼っている雑種の雌犬(4歳)に発熱や血便などの症状が表れ、動物病院を受診した。SFTSを疑った獣医師が専門機関に検査を依頼し、SFTSと診断された。

 男性も当時、同様の症状で体調を崩しており、国立感染症研究所(東京)で9月に血液を調べたところ、SFTSに感染していたことを示す抗体が検出された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事