文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

愛用の服をリフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

サイズや丈直して着脱楽に

 年齢とともに体形が変わったり、着脱がしにくくなったりしてお気に入りの服が着られなくなることがある。そんな時はリフォーム(仕立て直し)して、快適におしゃれを楽しみたい。

愛用の服をリフォーム
id=20171011-027-OYTEI50014,rev=4,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 洋服のリフォームを行う「ビック・ママ アトレ川崎店」(川崎市)では、シニア世代の客が、「体形が変わった」「着脱を楽にしたい」などと来店する。

 体形が変化し、サイズが入らなくなったスカートやズボンは、ウエストを広げる。「ダーツが入ったスカートやズボンなら、1本のダーツで2センチほど幅を広げられます」と店長の横葉茂代さん。ウエストを一部でもゴムにすると、着心地も脱ぎ着も楽になる。

 ウエストが入らなくなったお出かけ着のワンピースを、スカートにリフォームすることもある。ウエスト位置を下げて仕立て直し、スカートのウエストを大きくできる。

 スカートやコートの裾上げは転倒などの防止にもなる。店を訪れる中高年世代から、「スカートやコートの丈が長いと階段やエスカレーターで足元が見えづらい。年齢とともに危ないと感じるようになった」との声が聞かれる。膝が隠れる程度に裾上げすることを勧めている。

 手先が動かしにくくなることもある。ワイシャツやブラウスの第1ボタンを、押し合わせてパチンと留めるスナップボタンや面ファスナーにするとよい。

 年齢を重ねると腕が背中に回りにくくなり、ワンピースの背中についたファスナーの上げ下ろしが難しくなる人もいる。ファスナーのつまみに穴があいているタイプは、穴にリボンを結んだり、リングを取り付けたりすると楽になる。費用はかさむが、つまみの大きいファスナーへ付け替えることもできる。

 アクセサリーもリフォームで使い勝手をよくできる。例えば、パールのネックレスなどは簡単に留め外しできる留め具などに付け替える。

 横葉さんによると、シニア世代はものを大事にする人が多く、若い頃に購入した高級素材の服を状態のよいまま保管している人が目立つという。「昔の服も、肩パットを外し、丈を短くするなどして今の流行の形に直せる。着用頻度が高く、袖口に破れや傷みが出た場合は布を裏からミシンで刺して補強できる。見積もりは無料なので気軽に相談してほしい」と話す。

 「ビック・ママ」のリフォーム価格は、スカートやズボンのウエスト直し3456円~、ゴム付け1080円~、スカート丈詰め2160円~(いずれも税込み)。

 お直し専門店「ママのリフォーム」(本社・千葉県)では、毛皮の服をストールにしたり、革の靴底をゴムにして滑りにくくしたりするリフォームにも対応している。

 中高年向けの著書もあるファッションコーディネーターの西山栄子さんは、「シニアになると適度にゆとりがある服が着たくなる。サイズが合わないが愛着のある服を、着心地も、見た目もよくリフォームすればおしゃれして外出することにつながり、心も体も若くいられる」と話す。

 洋裁が得意な人は自分で直し、そうでない人はお直し店に依頼すればよい。「直し方によって高額になる場合もある。店で見積もりをとってもらい、価格確認した上で依頼するとよいでしょう」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事