文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

めでぃかる英会話

 このコラムでは、日本語をクリックすると英語の文章が読めるクイズ形式で、医療と健康に関するやりとりを紹介します。英語は、15歳のアメリカ人が話すレベルです。

コラム

めでぃかる英会話の「ころんでけがをしました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「ころんでけがをしました」

illust_vol03

 日が短くなって、町全体が落ち着いてきた風情です。

 「あと少ししたら、もう『寒い!』って思い始めそう」。ヨミドク診療所の看護師・那須さんが少ししんみりしていると、若いお母さんが家族とやってきました。

 「ころんでけがをしました」

 お母さんの名前はデビー。ニューヨークから家族4人で観光に来たそうです。短パンから伸びた右膝に、タオルを巻いています。

那須 「何が起きたのですか?」

デビー 「家族と海の岩場を歩いていたら、すべって、膝をひどく打ちました」

那須 「歩けるようですね。膝は曲げられますか?」

デビー 「はい、傷は痛みますが、歩けるし、曲げられます」

那須 「傷が深くて、周りが赤く腫れていますね。どんなふうに痛みますか?」

デビー 「最初はずきずきと痛かったのですが、今は奥が痛い感じです」

那須 「ころんだ場所はどんなところでしたか?」

デビー 「水はきれいでしたけれど、岩には海草が付いていました。膝は、公衆トイレで洗いました」

那須 「わかりました。まず、もう一度傷のところを洗いましょうか」

 那須さんは、デビーのころんだ場所が岩場だった上に、痛みの程度や範囲が変わっていることから、「破傷風(tetanus)」の予防注射も必要かもしれないと判断し、医師に報告しました。

 他には、こんな言い方もあります。

 「ずきずき痛い」
 “It’s a pounding pain.”

(イラスト:小牧 真子)

読売新聞の英語のコラム

ティーンのぶっちゃけ英会話

 アメリカの10代が使う生きた英語を紹介する読売中高生新聞の人気連載。英会話イーオン監修。

使える! リアル English

 読む、聞く、話す、書くの4技能を楽しく学ぶ読売KODOMO新聞の人気連載。イーオンキッズ監修。

特派員直伝 とらべる英会話

 読売新聞の海外特派員が、遭遇したトラブルや苦労をタネに、すぐに役立つ英語表現を紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

logo_235px

めでぃかる英会話

 「めでぃかる英会話」では、日本語の文章をクリックすると英語の文章が見られるクイズ形式で、医療と健康に関するやりとりを紹介します。

制作:ヨミドクター(堀川真理子)
監修:岡田唯男 鉄蕉会 亀田ファミリークリニック館山 院長
協力:東京都看護協会ジャパン・ニューズ

めでぃかる英会話の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事