文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

安田記者の「備えあれば」

コラム

「お気持ち」の相場は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
デザイン部・小林早希

デザイン部・小林早希

 このコラムを始めてから、2013年の父の葬儀について振り返る機会が増えました。書類が残っていないかと家の中を探したところ、葬儀の明細書が出てきました。祭壇の値段や火葬料などは記されていますが、お布施は「お気持ちで」とありました。

 お布施は一般的に、僧侶に渡すお金で、通夜や告別式などでお経をあげてもらったことへの謝礼です。戒名を付けてもらったお礼を含む場合もあります。

 金額は、僧侶の位階や寺の格式、地域などによって千差万別で、一概に「いくらぐらい」とは言えません。戒名についても、私の父の場合、「『信士』より『居士』の方が高いです」と言われました。

 葬儀や法要を依頼する決まった寺がある人と、ない人でも違います。ない人が葬儀を行う場合、葬儀社などに寺を紹介してもらいますが、その寺との関わりは一回限りのことが多いようです。このため、通夜、告別式などでの読経と戒名を含め、15万~16万円程度ですむケースもあります。

 一方、決まった寺に頼む場合、お布施はこれよりも高い傾向があります。仏事関係の出版などを行っている「鎌倉新書」(東京)の担当者は、「葬儀や法要で普段からお世話になっている寺院へのお布施は、『過去・現在・未来』で考えてみては?」と話しています。

 目の前の葬儀だけでなく、これまでの先祖の供養、自分を含め子孫の今後の供養に対するお礼も含めた気持ちとして納める――ということです。

 葬儀では、ほかにも「お気持ちで」という出費があります。例えば、僧侶への「お車代」や「御膳料」です。お車代は、僧侶が自分で運転して葬儀会場に来た場合に、御膳料は、「精進落とし」と呼ばれる会食に僧侶が参加しなかった場合に渡します。民間火葬場のスタッフや霊きゅう車の運転手などへの「心付け」も、「お気持ち」です。

 私の父の葬儀では、いずれも葬儀社が参考金額を示してくれました。「相場」を教えてくれる葬儀社も増えています。遠慮せず尋ねてみてください。(社会保障部 安田武晴)

 このコラムでは、父親を見送った記者(48)が、最期に備えるための情報をお伝えしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sonaeareba_200

安田武晴(やすだ・たけはる)

2002年から社会保障部。介護、年金、障害者支援、地域福祉、終活などを取材。13年、社会保険労務士国家試験合格。妻、愛猫「しじみ」と暮らしている。

安田記者の「備えあれば」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事