文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

慶大、iPSから心筋細胞の量産に成功…来年度にも人への応用目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、品質が均一な大量の心筋細胞を作ることに成功したと、慶応大学の福田恵一教授(循環器内科)らの研究グループが発表した。

 収縮機能が低下した心筋に移植し、回復を図ることが期待され、来年度にも人への応用を目指す。論文が6日、米科学誌電子版に掲載された。

 グループは、酸素や二酸化炭素を通す特殊なプレートでiPS細胞を培養し、一度に約10億個の心筋細胞を作製。細胞の代謝が促進されたためとみられる。心筋細胞に変化しきれなかった細胞のエネルギー源であるブドウ糖とアミノ酸を培養液から除去し、乳酸を加えることで均質な心筋細胞を作ることもできた。

 従来の方法ではiPS細胞から心筋細胞に変化しきれなかった細胞を取り除きながら大量培養することは難しかった。心筋細胞に変化しきれなかった細胞はがん化の恐れもある。

 一方、iPS細胞から作製した重症心臓病患者治療用の心筋シートの事業化を目指すと、大阪大学などが発表した。5年後の製品化を目標にしている。

 心筋シートは、同大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのチームが、患者に移植する臨床研究を来年度にも始める計画だ。ベンチャー企業「クオリプス」(横浜市)と共同研究を行い、製品化後は第一三共が販売にあたる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事