文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

薬の副作用…不十分な報告制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
薬の副作用…不十分な報告制度

 睡眠導入薬や抗不安薬として用いられるベンゾジアゼピン系の薬物や、その類似薬のエチゾラムなどを使い続ける(連用する)と、目を開けた時にとても まぶ しく感じたり、目の痛みがひどくなったりして、目を開けることが自在にできなくなる「 眼瞼痙攣がんけんけいれん 」という疾患が生じることがあります。その多数の症例の報告を、私が英国の神経科学誌に最初に発表したのは2004年のことでした。

 その論文のタイトルは、和訳すると「エチゾラムとベンゾジアゼピン系薬物が眼瞼痙攣を起こす」です。「エチゾラム」という種類の薬物を指す用語と、化学構造が似た多種類の薬物の総称である「ベンゾジアゼピン系」という用語が、タイトルの中に記載されています。

 この論文で特定された「エチゾラム」の販売元の製薬会社では、論文を見て、担当者が間もなく私に面会に来ました。

 「先生の発表論文に従って、薬の添付文書にそのことを記載するので、詳細を教えてほしい」というのです。

 副作用と言うと、製薬会社はどうしても忌み嫌う傾向が強いという先入観を私は持っていたので、「この会社はまじめで、患者のことをよく考えているな」と、好印象を持ちました。その後、「眼瞼痙攣」のことが、薬物の添付文書に記載されたのです。

 この論文ではベンゾジアゼピン系薬物のことも書いています。その後、私たちのグループだけでなく、ほかの研究者からも、追加の研究成果が発表されました。私たちは、論文の内容を広く伝えるため、学会発表や講演を繰り返しました。

 しかし、ベンゾジアゼピン系薬物を製品のラインアップとして持っている製薬会社は非常に多いのにもかかわらず、どこからも問い合わせはありませんでした。それどころか、薬物性の疾患を疑った医師が、製薬会社に問い合わせても「そのような副作用の事例はない」という回答が返ってくるというありさまでした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」、「健康は眼に聞け」「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、医療小説「茅花流しの診療所」(同)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事