医療大全
医療大全
  • 標準
  • 拡大

がん治療と妊娠(3)患者の選択に向き合う

 「ホルモン療法をやめたいんです」。東京都の加藤彩子さん(47)は2011年夏、昭和大学病院(東京都)の乳腺外科医に思い詰めた表情で話した。

 その前年の夏、加藤さんは「炎症性乳がん」と診断された。乳がんのわずか約5%の珍しいタイプで悪性度が高く、進行も速い。

 抗がん剤でがんを小さくしたあと、乳房を部分的に切除する手術を受けた。

 こうした治療で命の危険を回避した後に始まったホルモン療法は、薬で女性ホルモンの働きを抑え、がんの再発を防ぐのが狙いだ。

 ただ、副作用として、ほてりやのぼせ、大量の汗などの症状が起きるほか、生理が止まる場合もある。薬でこれまでのホルモンバランスが乱れるためだ。

 加藤さんには当時、結婚を考えるパートナーがおり、赤ちゃんを産みたいと思っていた。生理が戻るかもしれないと思ったのが、ホルモン療法をやめたい理由だった。

 ただ、治療をやめれば、がんが再発するリスクは高まる。それでも赤ちゃんを望む背景を探ろうと、同科の看護師・渡辺 知映ちえ さんが加藤さんに詳しく話を聞いた。回数を重ねると、加藤さんの抱える事情が徐々にみえてきた。

 パートナーは長男で、その母親から跡取りを産んでほしいという重圧を加藤さんは受けていた。また本人も、子どもを産めることが結婚の条件だと思い込んでいたことが分かった。

 渡辺さんは、すぐに治療をやめるかどうかの判断はせず、「一緒に話し合い、問題点を整理する」という姿勢を貫いた。本人の問題は、その人しか解決できないと考えるからだ。

 そんな話し合いを続けた加藤さんの結論は、別れだった。赤ちゃんを産めなかったら一生自分を責めてしまう。彼にはもっといい人がいると考えた。ホルモン療法は続けることにした。

 加藤さんはその後、別の男性と知り合い、結婚。週末は釣りやゴルフなど夫の趣味にも挑戦し、2人の時間を満喫している。

 「内面を深く見つめ、赤ちゃんを産めなくても自分らしい生き方ができることに気付けた。渡辺さんのおかげ」と加藤さんは言う。

 渡辺さんは現在、同科で非常勤の看護師を続けながら、上智大学(東京都)看護学科の准教授として、がん患者の妊娠・出産の支援に関する研究をしている。「パートナーの有無など個人の事情や進行度、がんの部位によって、妊娠する能力の温存へのアプローチは異なる。医師と情報交換しつつ、患者と向き合い、それを一緒に考えるのが看護師の役割」と話す。

今日の健康レシピ

話題のキーワード