文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

がん治療と妊娠(1)卵巣の一部を凍結保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
がん治療と妊娠(1)卵巣の一部を凍結保存

採取した卵巣などを凍結保存する液体窒素タンク(岐阜市の岐阜大学病院で)

 その言葉をクリニックの医師から聞いた瞬間、目の前が真っ暗になった。

 「子どもはあきらめてください。難しいと思います」

 名古屋市の会社員女性(35)が乳がんと診断されたのは2015年のクリスマスだった。リンパ節にも転移していた。その前月に受けた検査でがんの疑いは告げられており、心の整理はできているつもりだった。

 ただ将来、赤ちゃんを妊娠できなくなるとは思ってもいなかった。抗がん剤治療の影響で卵巣機能がダメージを受け、妊娠できなくなる可能性が高いという。帰り道に一人で立ち寄った喫茶店。行き交う恋人たちや家族連れの笑顔が窓越しに見えると、ポロポロと涙がこぼれてきた。

 「まだわからないよ。調べてみたら」。患者会で知り合った女性がん患者に助言を受けたのは、年が明けた16年1月。その患者は妊娠する可能性を残そうと、卵子を凍結保存していた。

 「まだ可能性があるかもしれない」。かすかな望みを感じた女性は医師の紹介で、岐阜大学病院(岐阜市)を訪ねた。周産期・生殖医療センター長の古井辰郎さんが、妊娠する能力の温存に関するカウンセリングを行っているからだ。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事