文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

糖尿病1000万人…「怖さ」自覚し、食事・運動で予防を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
糖尿病1000万人…「怖さ」自覚し、食事・運動で予防を

 糖尿病が強く疑われる人が推計1000万人という厚生労働省の調査結果は、高齢化が原因の一つとはいえ、この病気への理解が十分でないことを示す数字といえる。

 糖尿病の初期は目立った自覚症状がなく、血糖値が基準を超えても受診せず、治療に結びつかないと嘆く医療関係者は多い。糖尿病が進み、腎機能が低下して透析治療を受けたり、網膜症で失明したりすれば、生活に大きな支障をきたすが、患者に危機感が乏しい。

 糖尿病は、死因の上位を占めるがんや心筋 梗塞こうそく 、脳梗塞のほか、認知症のリスクも高める。まずは「怖さ」を自覚することが必要だ。血糖値を下げるには、薬による治療の前にやるべきことがある。バランスの取れた食事、適度な運動を生活に取り入れることだ。それを促す環境整備に官民挙げて取り組む必要がある。(医療部 赤津良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事