文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

働く女性の健康は企業を助ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 3連休は台風が日本列島を直撃して大変でしたね。気温が下がったり上がったりして体調管理が難しい季節です。子供たちが風邪気味だったので遠出は避けて都内で過ごしました。

女性活躍には女性の健康を

20170921-OYTET50014-500

 今週、東京・丸の内にあるビルの9階にレディースクリニックを開院しました。入院ベッドのない小さな小さな医院です。大学院在学中に第1子を産んでから、都内で非常勤勤務をしてきましたが、これからは主にクリニックで診療することになります。一般婦人科診療や妊婦健診、胎児精密超音波検査などを行います。丸の内という場所を選んだのは、働く女性が多い街だからです。女性活躍が叫ばれ、「ワークライフバランスを実現しよう」「主要ポストに女性を付けよう」といった話はよく聞きますが、ヘルスケアを重視する視点はあまり出てこないと感じていました。だからこそ、日本一のオフィス街で診療をしたいと思ったのです。

産婦人科医の利用はまだ不十分

 日本医療政策機構(HGPI)の行った 働く女性の健康増進調査 では、定期的に婦人科を受診している人は2割しかいないことや、日本の婦人科がん検診の受診率が米国、韓国などを大きく下回っていることがわかりました。生理痛や月経前の変調を当たり前のこととして受け入れている女性はとても多いのですが、婦人科医の立場からみると、症状の軽減のためにできることはたくさんあります。産婦人科を「妊娠したら行くところ」と思うのではなく、思春期からかかりつけ産婦人科医を持ってほしいです。

 また、調査によると、婦人科系疾患を抱えて働く女性の年間の医療費支出と生産性損失を合計すると、少なくとも6.37兆円にのぼるそうです。月経随伴症状、乳がん、子宮 (けい) がん、子宮内膜症といった婦人科系疾患がある人は、ない人と比べてQOL(生活の質)が低く、休業などによる生産性損失は大きいという結果も出ています。もはや、婦人科疾患は本人だけではなく、企業にとっても大きな問題なのです。そして、こうした女性社員をサポートすることが経営上のメリットにつながることを、企業は認識してほしいですね。

 20代の頃、分娩管理や手術をバリバリこなす医師になることを夢みていたのが懐かしい。ですが今は、年を重ねるとともに新しい目標が出来たことを肯定的に捉えようと思っています。(宋美玄 産婦人科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事