文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

精神科、増える身体拘束…長時間縛られ心に傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本の小中学校で英語を教えていたニュージーランド人の男性(27)が、精神科病院で身体拘束を受けた後、急死した問題は海外でも大きく報じられた。拘束を受けた経験のある患者たちは「当時を思い出すと胸が苦しくなる」と一様に訴える。この10年で身体拘束が急増したのはなぜか。原因すら分からない現状を改めるため、厚生労働省研究班による実態調査がようやく始まった。

精神科、増える身体拘束…長時間縛られ心に傷

 身体拘束は、憲法で保障された人身の自由を奪う行為で、介護施設などでは原則禁止されている。精神科では精神保健福祉法により、精神保健指定医の資格を持つ精神科医がやむを得ないと判断した場合に限り、最小限の時間行える。

 だが、拘束が不可欠か否かは、指定医の主観にも左右される。家で興奮した患者が病院に来て落ち着いても、指定医が「不穏」などと判断して拘束し、長期化する例が後を絶たない。

 今年7月に設立された「精神科医療の身体拘束を考える会」には「強引な拘束を受けた」という患者、家族の声が相次ぐ。このうちの一人で、30歳代の女性患者は昨年、気分の高まりなどの症状で精神科救急病棟に強制入院になった。

 隔離室で看護師を何度呼んでも来ないので、自分の首を絞めるふりをすると、指定医が自殺企図と誤解。意図を話しても信じてもらえず、男性看護師5、6人に体を押さえられ、拘束された。その時、看護師の一人に「こういうプレー嫌い?」と言われたという。

 拘束は約1週間で解除されたが、現在も押さえられた時の恐怖が頻繁によみがえり、苦しくて動けなくなる。強引な身体拘束が、女性に心的外傷という新たな傷を負わせたのだ。

 杏林大学保健学部教授の長谷川利夫さんは「精神科救急の中には、身体拘束も治療の一部と考えて積極的に行う所もある。だが、拘束されてオムツをはかされたり、導尿されたりする患者は自尊心までズタズタになってしまう」と話す。

 精神科救急の専門家も疑問の声をあげる。日本精神科救急学会元理事長の 計見けんみ 一雄さんは「身体拘束は治療ではない。やむを得ず拘束した場合、医師は患者に寄り添って話を聞き、落ち着けば即座に解除する。患者を理解する努力を怠り、安易に拘束したり、拘束した患者を長く放置したりする病院は問題だ」と話す。

 日本で身体拘束を受ける患者は2014年6月30日時点で1万682人。10年前の約2倍になった。だが、海外では身体拘束を避ける取り組みが進んでいる。

 イタリアの精神科医で、ボローニャ精神保健局元局長のイボンヌ・ドネガーニさんは「急性期の患者にやむを得ず身体拘束を行う病院は一部あるが、行っても数時間」とし、「不安を募らせて混乱する患者を拘束したら、不安が増して怒りも生じる。更に拘束を続けると感情自体が薄らいでしまう」と警告する。

 世界の潮流に逆らい、日本ではなぜ身体拘束が急増したのか。数だけを集計していた従来の調査では分からない。そこで厚労省研究班は今夏、精神科がある約1600病院を対象に実態調査を開始した。調査に同意した患者の病名や拘束理由、拘束期間、拘束方法などを6月30日時点のデータで病院に報告してもらう。

 更に、認知症患者の転倒防止などを目的に拘束する過剰な安全意識や、看護師不足なども増加要因の可能性があるため、現場の状況を聞く質問も入れている。

 病状悪化につながりかねない身体拘束を、どうしたら減らせるのか。研究班をまとめる国立精神・神経医療研究センター精神保健計画研究部長の山之内芳雄さんは「今年度中をめどにデータを集計し、原因や対策を考えたい」としている。

 (佐藤光展)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事