文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

がん免疫治療薬「オプジーボ」、胃がん治療にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 がん免疫治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)について、厚生労働省の専門家部会は8日、対象を一部の胃がんの治療に広げることを了承した。

 早ければ今月中に正式承認され、保険が使えるようになる。すでに皮膚や肺など5種類のがん治療に使われている。

 新たに対象となるのは、2種類以上の抗がん剤治療が効かなくなった切除不能な進行・再発の胃がん。製造販売する小野薬品工業によると、国内の対象患者は推計約1万3000人。このうち年間4600人程度の使用が見込まれるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事