文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

アルツハイマー病、血液検査で診断…早期発見に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 認知症の7割を占めるとされるアルツハイマー病を血液検査で診断する方法を開発したと、京都府立医科大の徳田隆彦教授(神経内科)らの研究グループが発表した。

 実用化されれば、患者の早期発見につながるという。4日付の英科学誌電子版に掲載された。

 アルツハイマー病は、脳内に「リン酸化タウ」などのたんぱく質が蓄積して発症するとされる。診断には、脳脊髄液を背中から採取する方法などがあるが、患者の負担が大きい。

 今回、研究グループは米国で開発された高感度の装置を使い、たんぱく質をとらえる免疫物質や試薬の組み合わせを検討することで、微量の血液からたんぱく質を検出する方法を開発。この方法で60歳以上の患者(20人)と症状が出ていない人(15人)を比較したところ、患者側からたんぱく質が平均で4倍程度多く検出する傾向がみられた。

 グループでは今後、他の大学と共同で大規模な検証を実施する予定。徳田教授は「健康診断で患者を早期に見つけたり、数値の変化に基づいて将来の発症を予測したりできる可能性がある」としている。

 東京大の岩坪威教授(神経病理学)の話「アルツハイマー病は薬や生活習慣の改善で進行を遅らせることが期待できるため、簡単な手法で検査できれば意義は大きい。検証を重ね、診断の精度を上げることが期待される」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事