文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健やかキッズ

妊娠・育児・性の悩み

自転車 「ペダルなし」で練習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

足で地面蹴る二輪車人気

 ペダルがなく、両足で地面を蹴って進むタイプの子ども用二輪車が人気だ。自転車に乗せる前のトレーニングなどとして乗せることが多い。慣れると意外とスピードが出るため、安全には十分配慮したい。

体重移動でバランス感覚養う

自転車 「ペダルなし」で練習

ブレーキ付きなど様々なタイプの製品が販売されている(東京都港区のFeelingsデックス東京ビーチ店で)

 ペダルなし二輪車は、主に2~5歳児向けに開発された乗り物で、見た目は自転車に近い。2009年に米国の「ストライダー」という製品が輸入されたのをきっかけに人気が高まった。

 ストライダーは重さ約3キロと軽量で、足で地面を蹴って進み、足を踏ん張って減速、停止する。輸入代理店、ストライダージャパン(東京)の大縄あいりさんは「二輪車特有のバランス感覚が身につきます」と特徴を説明する。

 三輪車や補助輪付き自転車は車体が自立しており、腕でハンドルを切って曲がる。これに対し、ストライダーは自転車のように体重移動で車体を傾けて曲がるので、バランスを取りながら運転するこつを覚えられるという。

 ペダルなし二輪車は、様々なメーカーが商品化している。1万~2万円程度で購入できるものが多い。ブレーキ付きのものや、ペダルなどを後から取り付けて自転車としても使えるものなどもある。

 選び方について、自転車ジャーナリストの遠藤まさ子さんは「インターネット通販でも販売されていますが、自転車店などで現物を見て、大きさや機能を比較しながら選ぶことを勧めます」とアドバイスする。「自転車安全整備士」がいる店なら、安心して点検や整備を任せられ、販売している製品の安全性も高いと判断できるという。

 購入したら、まず子どもの身長に合わせ、シートとハンドルの高さを調整する。シートは座った時に足の裏が地面につき、その際にひざが軽く曲がるぐらい、ハンドルは座った時の胸の高さぐらいにそれぞれ固定する。

 頭部のケガを防ぐため、乗せる時は必ずヘルメットをかぶらせる。ひじやひざ用のプロテクター、手袋を着けると、より安全だ。ひものない運動靴を履かせるようにし、脱げやすいサンダル類は避ける。

 ペダルなし二輪車は遊具のため、公道を走ることは道路交通法で禁止されている。大きな公園や河川敷などの広い場所で乗せよう。転んでもけがをしにくい芝生の上などもお勧めだ。

 子どもを走らせる際は、ほかの人や物、柵などにぶつからないよう、保護者は決して目を離さずに。急な坂道を下ると、自転車並みの速度が出ることもあるので注意したい。

 ブレーキのないペダルなし二輪車から子ども用自転車に乗り換える際は、ブレーキをかける訓練が必要になる。遠藤さんは「乗り換える前に、ブレーキのある補助輪付き自転車に並行して乗せてみてもいいでしょう。子ども用自転車のペダルを外し、足で蹴って進ませながらブレーキを練習する手もあります」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健やかキッズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事