文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

本ヨミドク堂

コラム

『人は、人を浴びて人になる』 夏苅郁子著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『人は、人を浴びて人になる』 夏苅郁子著

 著者は、重い精神の病気になった母親に育てられ、青年期に自分自身も精神科の患者となり、後に精神科医になった。両親の不仲、妄想からくる母親の暴言、学校でのいじめ……。「人は、人の言葉を浴びて壊れていく」。偽らざる本音だった。

 薬でも治せなかった心の回復を助けたのは、「普通の人々」との出会い。京都の花街の人、在日韓国人の親友、ホスピスの医師、そして患者さんと心を通わせるうちに、力を得ていく過程が描かれる。

 ささやかな出会いが、別の出会いを呼んでくれる、という。

 (ライフサイエンス出版 1500円税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

本ヨミドク堂

本ヨミドク堂
ヨミドクター編集室が注目する新刊書を紹介します。医療、健康、介護、福祉関連の書籍を幅広く取り上げていきます。

本ヨミドク堂の一覧を見る

最新記事