文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田村編集委員の「新・医療のことば」

ニュース・解説

「専攻医」は、「研修医」とどう違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

新専門医制度がスタート

 新しい専門医制度が、2018年4月に導入される見通しです。特定の診療領域について十分な知識や経験を持って適切な医療を提供できる「専門医」は、これまでさまざまな学会が独自に認定していました。新制度では、学会や医師会、病院団体らが参加する日本専門医機構が設けた統一基準で認定されます。目的は、専門医の質を確保するとともに、患者にも分かりやすい制度を作ることです。

 医師が専門医と認定されるには、原則3~5年程度の研修プログラムを修了した上で、試験に合格しなければなりません。新制度では、この専門医研修プログラムに登録、実践中の医師を「専攻医」と呼びます。

「研修医」に広義と狭義の意味

「専攻医」は、「研修医」とどう違う?

 それでは、専攻医と研修医はどう違うのでしょうか。

 実は、研修医という言葉も、専門医認定が学会次第でばらばらだったように、あいまいに使われてきました。

 狭義では、医師国家試験に合格した後に2年間義務づけられている「初期臨床研修」中の医師を言います。初期臨床研修は、基本的な診療能力のある医師を養成することを目的に、2004年度に始まりました。法律に義務づけられた制度で、内科、外科、救急などを2年間かけて回ります。

 これに対して、初期研修を終えて専門の診療科へ進んだ医師を、よく「後期研修医」と呼びます。おおむね3~5年目の医師をさします。そこで、広義では、後期研修医も研修医という枠に含めてきました。

 ただ、初期研修と後期研修では、制度的な位置づけでも仕事の内容でも、両者の立場は、大きく異なります。3年目以降の後期研修医ともなれば、病院は若手の貴重な「戦力」と捉えます。

 新制度の「専攻医」は、この後期研修医にあたります。初期研修医とは呼び名でも区別されます。今後耳にすることが増えるでしょう。

10月初旬に登録開始の予定だが…

 新しい専門医師度は、もともと、今年度からの導入が予定されていました。しかし、大学病院中心の研修プログラムが、地域の中小病院の医師不足を助長するのではないか、との懸念が指摘され、制度の見直しのために1年延期されました。

 日本専門医機構は今月4日、新制度を来年4月に開始すると正式に表明しました。今年10月初旬をめどに、来年度の専攻医の募集、登録を始めたい考えです。

 制度の見直し作業に時間がかかったことから、来年4月の開始に向けたスケジュールはかなり厳しくなっています。これから9月にかけて、各都道府県で関係者による協議会が開かれ、研修プログラムが適切かどうか審議がされます。10月の登録開始後も、専攻医の応募状況に地域や診療科の偏りが出るかも知れません。機構は、今後も様々な調整を求められそうです。(田村良彦 読売新聞東京本社編集委員)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tamura-400

田村 良彦(たむら・よしひこ)
1986年、早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で医療報道に従事し連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。2017年4月から編集委員。共著に「数字でみるニッポンの医療」(読売新聞医療情報部編、講談社現代新書)など。

田村編集委員の「新・医療のことば」の一覧を見る

最新記事