文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス 25年

お知らせ・イベント

[医療ルネサンス 25年](2)「恐怖から解放された」…記事読み 胸腔鏡手術で回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[医療ルネサンス 25年](2)「恐怖から解放された」…記事読み 胸腔鏡手術で回復

心房細動に対する胸腔鏡手術を受けて気分も明るくなったという宮林豊さん(左)と妻の富三子さん(埼玉県上尾市で)=萩本朋子撮影

 「お父さん、心房細動のことが医療ルネサンスに出てるよ!」

 2年前の8月31日朝、リビングでテレビを見ていた埼玉県上尾市の宮林豊さん(71)の元に、妻の 富三子ふみこ さん(65)が先に読んだ新聞を持って駆け寄ってきた。これが数年来、豊さんの頭を覆っていた暗雲を追い払うきっかけになった。

 悩みの種は、2010年頃から出るようになった心房細動。心臓上部の心房が不規則に震える不整脈の一種で、脳 梗塞こうそく を起こす血栓ができやすくなる。

 12年と14年に、脚の付け根の血管からカテーテル(細い管)を心臓内まで通し、心房細動を起こす異常な電気刺激の発生源を熱で焼く「アブレーション」という治療を計3回受けたが、いずれも数か月後に再発した。

 それ以来、「もう心房細動を止める治療法はないだろう」とあきらめ、時折、 動悸どうき を感じては、「いつか脳梗塞になるかもしれない」とおびえ、気が重くなった。血栓をできにくくする薬ワーファリンの服用に伴う食事制限で、好物の納豆が食べられないのもつらかった。

 豊さんは富三子さんが渡してくれた記事を読んだ。血栓の大半は、左の心房に耳のような形で付いている「 左心耳さしんじ 」でできるため、これを胸に4、5か所開けた穴から行う 胸腔鏡きょうくうきょう 手術で切除。同時に心臓の外側からアブレーションも行うという。新しい治療の試みだが、手術を受けた患者の「服薬が必要なくなり、スポーツを楽しんでいる」という記述に引きつけられた。

id=20170828-027-OYTEI50027,rev=3,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

胸腔鏡手術を行う都立多摩総合医療センター心臓血管外科部長の大塚俊哉さん(右)ら。記事について「患者の体験を基にしているので読者にとって安心感があるのでは」と話す

 すぐに記事に出ていた東京都立多摩総合医療センターのホームページで手術の説明を確認し、心臓血管外科部長の大塚俊哉さんの診察を予約した。治療希望者が多かったので順番を待ち、昨年3月、ようやく治療を受けることができた。

 手術時間は1時間半、入院も5日間と短く済んだ。血栓の心配がなくなったうえ、心房細動もすっかり出なくなった。ワーファリンの食事制限も解かれた。

 「今は脳梗塞の恐怖から解放され、快調な毎日です」と豊さん。富三子さんも「お父さんが明るくなってほんと良かった」と一緒に笑う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンス 25年の一覧を見る

最新記事