文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

群大執刀医の処分要望へ…遺族ら「反省の色ない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
群大執刀医の処分要望へ…遺族ら「反省の色ない」

記者会見に臨んだ遺族会代表の男性たち(26日夜、前橋市の群馬県庁で)

 群馬大学病院の手術死問題で、執刀医の 須納瀬すのせ 豊医師と、上司で旧第二外科の竹吉泉元教授による遺族への説明会が26日終了し、遺族会と弁護団が群馬県庁で記者会見した。遺族会は「反省の色がない」とし、早ければ今週にも、2人に対し医業停止などの行政処分を求める要望書を厚生労働省に提出すると発表した。

 説明会は7月30日に始まり、出席した8組の遺族に対する全体的な説明の後、計3日間で各遺族に対する個別説明が行われた。

 須納瀬医師や竹吉元教授との直接の面会は、遺族と弁護団が求め続け、約2年越しで実現。そのこと自体は「高く評価する」とした。しかし、個々の診療行為や上司としての監督のあり方について謝罪はなく、全体的な内容には「失望した」(遺族会代表)という。

 遺族らによると、2人ともカルテの記載が不十分だったことだけは認めたが、患者への説明や、術後の管理などには落ち度を認めず、当時の病院の体制では出来る限りの努力をしたという説明だった。

 弁護団の独自調査や日本外科学会による検証では、須納瀬医師の技術上の問題が指摘されていたが、このことについては「元教授らはむしろ技術が高いという認識だった」(弁護団の梶浦明裕事務局長)という。

 指摘されてきた問題点を認める姿勢が見られなかったことで、遺族会と弁護団は、「再発防止の観点から、行政処分を受けて再教育する必要がある」と判断した。

 また、問題を認めて謝罪し、補償の意向を示している大学側とは今後、前向きに交渉を進めることを表明。刑事告訴についても引き続き検討する意向を示した。

 遺族会代表の30代男性は、「しっかりした謝罪があれば処分を求めたくはなかったが、執刀医や元教授の態度や発言から、そうせざるをえないというのが遺族会の結論だ」と話した。

 群馬大病院を巡っては、旧第二外科で肝臓の 腹腔鏡ふくくうきょう 手術を受けた患者8人が、術後約3か月以内に死亡していたことが2014年に発覚した。その後、肝臓や 膵臓すいぞう の開腹手術でも、患者の死亡が相次いだことがわかり、第三者の調査委員会による調査が行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事