文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

室伏由佳のほっこりスポーツカフェへようこそ

コラム

ドーピング違反者の「世界一」をどう考えますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ロンドンのオリンピック・スタジアムの放送席。女子ハンマー投げ、円盤投げ、やり投げ、男子ハンマー投げの競技解説を行いました

ロンドン・スタジアムの放送席。女子ハンマー投げ、円盤投げ、やり投げ、男子ハンマー投げの競技解説を行いました

 みなさん、ほっこりスポーツカフェへようこそ!

 8月上旬から約2週間、イギリスで行われた世界陸上ロンドン大会へ解説者として行ってまいりました。2年に一度の大舞台に、今年は200以上の国・地域の選手たちが参加しました。

 私自身、選手として2005年ヘルシンキ大会では女子ハンマー投げ、07年大阪大会では円盤投げに出場しています。現役を引退した12年以降は、解説者として参加し、自身の原点を思い起こしています。

世界一決定戦、勝利者に向けられたブーイング

 今回は男子100メートル走で起こった「特定選手」へのブーイングについてです。

 男子100メートルは、今大会でも最も注目を集める種目でした。長年、男子短距離界の主役を張り続けたジャマイカのウサイン・ボルト選手が、この大会をもって競技引退を表明していたからです。最後の走りを一目見ようと集まった人々が、レースに熱い視線を向けていました。

 ボルト選手の最大のライバルと目されたのが米国のジャスティン・ガトリン選手。結果的に、9秒92のシーズン自己ベスト記録でレースを制したのもガトリン選手でした。ボルト選手も同じく今シーズンの自己ベスト9秒95で走り抜けたものの、一歩及びませんでした。大会前、ガトリン選手の今季のベスト記録は9秒95、ボルト選手は9秒98でした。ともにパフォーマンスのピークをこの大舞台に持ってきたところが、さすがに世界のトップアスリートです。

 100メートルは、予選、準決勝、決勝で構成されますが、どのラウンドでも、日本ではあまり見られない光景がありました。ガトリン選手が出場するたびに、客席から地鳴りのようなブーイングが巻き起こるのです。

 ガトリン選手は、過去に2度のアンチ・ドーピング規則違反があり、4年の制裁期間を経て復帰した選手です。私は、「イギリスは何をスポーツに求めているか、はっきりしているな」と感じました。

 ガトリン選手は06年、男子100メートルで9秒77の世界タイ記録を打ち立てたにもかかわらず、レース後のドーピング検査で禁止薬物のテストステロンが検出され、記録は抹消されました。同選手は01年に同じく禁止されている興奮剤アンフェタミンの使用発覚で2年間の資格停止処分を受けています。2度目の違反となるため、本来は永久資格停止でしたが、米国アンチ・ドーピング機関(USADA)の調査への協力を約束し、「4年間の資格停止提案」へと処分が緩和されたのです。

 いわば、全世界・全スポーツの「約束」である「世界アンチ・ドーピング規程」に基づき、きちんとした手続きを経て、競技復帰が公式に許された選手。しかし、イギリスの観衆はそう受け止めなかったようでした。「過去にドーピングをした選手は、断固受け入れない!」との強い反応でした。

規則違反者をオリンピックから追放するイギリス

 かつてイギリスには、男子100メートルで世界陸上をはじめ数々の国際大会でメダルを獲得したドウェイン・チェンバースというスター選手がいました。しかし、03年、チェンバース選手はアンチ・ドーピング規程で禁止物質に指定されているアナボリックステロイド(筋肉増強剤)で陽性となりました。これで2年間の出場停止処分が科されました。しかし、制裁はそれだけでは済みませんでした。英国オリンピック委員会には、ドーピング違反をした選手を「オリンピックの代表に選出しない」との独自の規定がその当時あったのです。チェンバース選手は、制裁期間とは別に、2008北京オリンピックの選考対象にもなりませんでした。

id=20170818-027-OYTEI50008,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

第11回世界陸上選手権大阪大会第3日/女子円盤投げ予選で(大阪市の長居陸上競技場で、2007年8月27日撮影)

 もちろん、規則違反はあってはなりませんが、世界アンチ・ドーピング規程では、あまりにも悪質なケースを除いて、一定の制裁期間を経た後に競技への復帰が許されています。チェンバース選手の例からも、イギリスのドーピング違反に対する厳格な姿勢がうかがわれます。

 アスリートには、ドーピングのない、安全で健全なスポーツに参加する権利があります。社会にも、スポーツの精神と未来のアスリートたちを守る義務と権利があります。競技能力を高めるためでも、不健康かつ危険な手段を選択してはならないのです。

 ロンドンの世界陸上でのイギリス人によるブーイングには、とても手厳しいものを感じつつ、「スポーツの価値を損ないかねないものはすべて締め出す」という強い姿勢を感じました。

 ドーピングによる健康への影響については、いずれ書いてみたいと思います。

 それでは皆さん、また次回のカフェでお会いしましょう!(室伏由佳 アテネ五輪女子ハンマー投げ日本代表)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

murofushi_yuka_400

室伏由佳(むろふし・ゆか)

 1977年、静岡県生まれ・愛知県出身。株式会社attainment代表取締役。2004年アテネオリンピック女子ハンマー投げ日本代表。円盤投げ、ハンマー投げ2種目の日本記録保持者(2016年4月現在)。12年9月引退。

 アスリート時代には慢性的な腰痛症などスポーツ障害や婦人科疾患などの疾病と向き合う。06年中京大学体育学研究科博士課程後期満期退学(体育学修士)。スポーツ心理学の分野でスポーツ現場における実践的な介入をテーマに研究。現在、スポーツとアンチ・ドーピング教育についてテーマを広げ、研究活動を継続。現在、上武大学客員教授、朝日大学客員准教授や、聖マリアンナ医科大学スポーツ医学講座、徳島大学医学部、中央大学法学部など、複数の大学において非常勤講師を務める。スポーツと医学のつながり、モチベーション、健康等をテーマに講義や講演活動を行っている。日本陸上競技連盟普及育成部委員、日本アンチ・ドーピング機構アスリート委員、国際陸上競技連盟指導者資格レベルIコーチ資格、JPICA日本ピラティス指導者協会公認指導師。著書に『腰痛完治の最短プロセス~セルフチェックでわかる7つの原因と治し方~』(角川書店/西良浩一・室伏 由佳)。

公式ウェブサイトはこちら

室伏由佳のほっこりスポーツカフェへようこその一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事