文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

【いのちの値段】透析と人生(1)41年の治療費2億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
【いのちの値段】透析と人生(1)41年の治療費2億円

透析を受ける杉田さん。血液を循環させる左腕の血管は太く硬い(新潟県立中央病院で)=奥西義和撮影

 杉田 おさむ さん(72)は、国内に32万5000人いる人工透析患者の一人だ。腎不全を患い、透析歴は41年になる。40年を超える人は600人余りに過ぎない。

 地元の新潟県立中央病院(上越市)透析室で、週3回、4時間半。人工的に血液を浄化し、体内の老廃物や余分な水分を出す。尿が出ないため、やめてしまえば生きられない。

 1966年、21歳。激しい腹痛を契機に、腎機能の異常が分かった。完治させる治療法はない。検査入院した新潟大学病院で、透析を受ける患者の存在を知った。たった一台の装置に夜まで連なる患者たち。費用は年間500万円。限られた者だけに許される、最先端の医療だった。

 翌年の保険適用後も、最大で費用の半分を負担した。借金を重ね、お金が尽きた時はいのちを諦める。「金の切れ目が命の切れ目」だと、患者も医療者も分かっていた。家に迷惑をかけまいと自殺する人もいた。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事