文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

健康食品で薬物性肝障害、国民生活センターが注意呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 健康食品の摂取で、体質によっては薬物性肝障害を発症する場合があるとして、国民生活センターが注意を呼びかけている。

 同センターには2014年8月以降、全国の医師から「健康食品が原因で薬物性肝障害になった患者がいる」との情報が計9件寄せられた。特定保健用食品を飲用して重症になり、1か月以上入院したケースもあった。健康食品に問題はなく、摂取した人の体質が原因とみられる。

 薬物性肝障害は、医薬品だけでなく健康食品の摂取でも、肝臓への大きな負荷やアレルギー反応などが原因で発症することがあるという。同センターでは「発症はまれだが、劇症化すれば死亡の恐れもある。 倦怠けんたい 感や食欲不振など不調を感じたらすぐに摂取をやめ、医療機関を受診してください」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事